2009年 2月活動記録(2)

<2月26日(木)>臨時活動  北山搬出
9時20分~15時30分
 メンバーにも天気にも恵まれ、所期の目的を達成しました。窯前に揃ったクヌギです。
b0129962_17162096.jpg

 今年最初のクヌギの炭焼き、予定通り3月1日に実施できます。
美山さんのお陰です。4駆の軽トラックを貸して下さいました。朝一番にキャタピラ車を運びました。
今日は長老をはじめ、沢山の方に出会いました。みんな笑顔でした。久しぶりに良い天気のせいでしょうが、私達が黒川に良い形で溶け込んで来れたとも思いたいですね。                             
      (竹林の中で)                      (最下段の集積地で)b0129962_1732483.jpgb0129962_17322797.jpg










b0129962_1743165.jpg キャタピラで降ろしたクヌギをトラックで桜の森へ搬入します。
 初めて北山を案内して頂いた時には、急傾斜に恐れをなし、これは私達の手には負えない、ましてや、運搬車をこんな上まで、持って来れない、と思う頭の隅で「この山しかなければ、やることになり、そしてやり遂げるのかも知れないな」と考えていました。
菊炭友の会の歴史は、そんなことばかりでしたから。
b0129962_1885682.jpg今日試験的に、あげられないと思っていた最上段の集積地までキャタピラ車を上げてしまいました。
この運搬車、上下の傾斜には滅法強いのですが、左右の傾斜には極めて弱く、簡単に横転します。そのことを頭に叩き込んで使えば最上段からの搬出もOKです。

Ktaさんにも頑張ってもらうことになりそうです。

 最終便を、窯前に降ろし終了です。

 クヌギの第1窯のメドはつきましたが、2窯、3窯の段取りも考えなければ・・・。
枝払い、玉切り、搬出・入と作業が続きますから、3日を見込まないといけないでしょう。各班で天気予報を見ながら作業日を設定してください。



<2月25日(水)>川西市商工会館  国際ソロプチミスト川西 例会参加
13時
 第4水曜日が例会と決まっているようです。毎回、出席率は90数%だそうで、今日は全員出席とのことでした。
貴重な時間を割いて、ご挨拶の機会を与えて頂きました。チャりテイ―バザーに加え、日本財団の助成まで検討して頂けるという大変有り難い評価を頂いています。
これまで、役員の皆様にはお会いしましたが、全会員の皆様にご挨拶させて頂くのは初めてのことです。
私達の活動の舞台である里山のこと、そして活動の概略をお話ししました。
皆さん、話を真っ直ぐに聞いて頂いている感触が気持ち良く伝わって来ました。さすが、一流の方々の集まりだなと感じました。
このように、組織を挙げてバックアップして頂けるボランテイア団体などそうそうないだろうと思うと、期待を裏切らないよう、さらに精進せねばという思いを強くしました。



<2月24日(火)>桜の森191  バザー出品作品製作、炭材収集、炭小屋整理
9時30分~14時30分
  「雨でも私達は行くことに決めましたので、車に乗せて下さい」と女性から声をかけられて、簡単に断れるものではありません。
こちらも雨でも行かねばならぬ事情もあるわけだし。
女性二人の目的はこれでした。3月6日の国際ソロプチミストのチャリテイーバザーへの出品物の製作です。
b0129962_165611100.jpg

b0129962_1724276.jpgb0129962_173218.jpg









b0129962_1732923.jpgb0129962_1734934.jpg









値段を聞いてビックリ! 「えっ~、そんな安くするの」と思わず言ってしまいます。
こんなに見事な菊炭をですよ。みなさん!3月6日10時から、川西能勢口駅前・アステ川西6Fへ! 売切れご免! プロはご遠慮下さい。
b0129962_1781451.jpg
 雨でも行かねばならぬ男性軍の事情はこれ。桜の森のクヌギ、玉切したものを集めて回りました。3月1日の窯入れまで、雨の降らぬ日は26日くらい。26日は北山からの搬出です。
今日は予報では少しの間、止むらしいので、その間を狙って決行しました。
b0129962_17255335.jpg
b0129962_1740835.jpg
 午前中、小雨の中を集めて回り、窯の前に。
1窯分に対して五分の二くらいの量になりましたが、太めが多く、お茶炭をセットするのに苦労するでしょうね。
これは、私達の宿命かも。8年から10年生のクヌギでなく、大木になった物の枝を使用すると、こういうことにならざるを得ません。

 今日、決行せざるを得ない、もう一つの理由はこれ。炭小屋を整理し、3窯目の炭の置場づくりです。幸い、午後は雨が止んだので、その間に臨時の置場を作り小屋から移しました。
ブルーシートでは美観的にも問題なので、薪乾燥と炭保管の常設場の建築をTka建築士に検討して貰っています。b0129962_17552959.jpgb0129962_17555247.jpg









 炭焼きで窯を焚くのはわずか5時間程度、その前後での作業が大変なわけで、天気にも大きく影響されるので、思い通りには行きません。



<2月23日(月)>桜の森190  C班クドサシ、北山作業道整備、桜の森クヌギ玉切
 9時~15時
 C班クドサシ:10時15分、煙道口温度315℃、マッチ発火7秒。

 自主活動:北山作業道整備(Ktaさん)
        クヌギ伐倒木整理(Obaさん)
 Ktaさん、搬出道の整備が気になったと言い、Obaさんを引っ張り出しての作業のようです。
 
 桜の森クヌギ玉切(Kwamさん、Skaさん、Mtuさん、D)
b0129962_16452762.jpg
b0129962_1647825.jpg
 北山で玉切出来ているクヌギでは量も足りず、木も太い物が多いので、桜の森で伐倒した分を細い物に重点を置いて玉切をしました。ここ連日で疲れているにも関わらず、C班のクドサシの流れで3名が参加、4名での作業でした。
北山の搬出問題が残っていますが、量的には一窯分が何とかなったように思えます。
 それにしても、3月1日に続いて、10日分、20日分の木を用意しなければならず、天気と相談しながら、臨時活動日の設定は必至です。各自、心積もりをして置いて下さい。



<2月22日(日)>臨時活動  北山炭材調整
9時30分~15時
 20日の第3回炭焼きは桜の森の活動終了時間の新記録となりました。
煙道口の温度が80℃を超えたのは19時近く。不運にも燃料切れで発電機も使用不能。
懐中電灯頼りでメンヌリを終え、引き揚げたのは19時を過ぎていたようです。
炭焼きは全てについて“ゆっくり”が良いと言います。80℃に達するのに時間をかけたということは良い炭が焼ける一つの条件をクリアしたということです。
 しかし、21日の朝、火は消えていました。焚き直して、メンヌリを終えたのが15時と言います。1回、2回と同様、80℃を超えていたわけですから、空気の量の違いくらいでしょう。
今日、15時の空気穴と煙の状況です。15時10分、煙道口の温度185℃。煙の色からも見て、クドサシは23日の昼頃でしょう。b0129962_17132370.jpgb0129962_17135164.jpg









   
 第3回のクドサシが遅れた為に、北山の作業、4名の予定が7名になり、かなり捗りました。
b0129962_1719624.jpg
 この傾斜、クヌギを引き出すには大変都合良く、少し引くと滑ってくれます。
b0129962_17251991.jpg
 山の現場での昼食風景です。まず、安定して座れる場所を見つけなければいけません。
 今日は寒くはなかったですが、ラーメンか味噌汁、何か温かいものを持参した方良いですね。b0129962_17305934.jpgb0129962_17311939.jpg












<2月20日(金)>桜の森189  B班炭出し、C班木入れ・窯焚き、北山クヌギ調整
9時30分~
 雨の後、山は谷に向って幾筋もの水流が出来ます。土から水が湧き出し、流れになります。
b0129962_17571760.jpg

 私は北山から帰宅。17時、桜の森に携帯、漸く異臭の強い煙が出始めたようです。
煙道口の温度60℃。あと1時間はかかるかな・・・。山の日暮は早いしな・・・。
 班別活動だから、好きにやれば良いようなもののポイントは外さないようにした方が・・・。
今日は出足が遅かったから、17時は過ぎると思っていました。
12時50分点火直後の煙、順調です。
b0129962_1714646.jpg

 点火を見て、私は北山のクヌギの準備に向いました。Ktaさんの17日の作品です。
b0129962_17181068.jpg
 このすぐ上にクヌギ、コナラが倒してあり、その1段上辺り、少し平らなので、玉切の場に良いかと思っています。
クヌギは3ヶ所に倒してあります。この上に見えるのが下段、その上に中断、さらに上段となります。上に行くほど、搬出に手間取るのは言うまでもありません。
 それにしても、捗りません。15時前、雨が降り始めたので退散しました。
玉切した立木約400本が1窯分ですから。24日1日での準備では不可能です。またまた臨時活動日の設定ですね。これが炭焼きのキツイところです。
 以前、学さんに「炭焼きで1番辛いのはどういう時?」と聞いた事があります。その返事が予想外のものでした。
「次に入れる木が揃っていない時」「みんな殺気立ってきて・・そういうのが1番辛い」と言うことでした。
今は、分かる気がします。



<2月17日(火)>桜の森188 C班炭材準備、北山伐倒
9時30分~15時
b0129962_17394143.jpg

 今日は、C班の木を準備するグループと北山のクヌギ伐倒グループの2班に分かれました。
 北山から見えるケーブル山上駅です。





b0129962_17533612.jpg
b0129962_17555536.jpg

 途中、激しく雪が降り始めました。
 山は、あっと言う間に白くなってしまいます。
 今日はここまでか~とガックリ来るところでしたが、何とか持ち直してくれました。


 
 横一列での作業です。
b0129962_1871132.jpg
 台場に登っての伐倒です。足場が悪く緊張します。スパイクシューズが有効に働きます。b0129962_1873947.jpgb0129962_1875989.jpg










  一応、かなりの本数(約80本)を倒しましたが、枝払い、玉切りに搬出と考えれば、既定の
 活動日ではキツソウです。天気予報と相談して臨時活動日の設定が必要になるでしょう。
b0129962_1814586.jpg
 今日の北山は寒かった!作業をしている間は、汗が滲みますが、昼食のわずかな時間でも動かなければ寒くなります。食事が終われば全員すぐに作業を始めました。
 Ktaさんが素晴らしい道を造ってくれました。作業道というより散策道と言っていいでしょう。
但し、残念なことに、道を整備すべき所に沢山の木を倒してしまったので、次の活動日はこの処理で大忙しになりそうです。

by cn1398 | 2009-02-17 19:04  

<< 2009年3月活動記録 2009年2月 活動記録 >>