2009年6月活動記録

<6月30日(火)>桜の森222  牧小準備(打合せ、道整備、クヌギ整備)
9時30分~14時30分
 雨模様でもあり7名の参加でしたが、牧小“里山探検”の指導員5名中4名が参加だったので打合わせが出来ました。
b0129962_16403730.jpg
  直登コース最終の道整備も出来ました。
b0129962_16441165.jpg

 感動ものの出来事が起こっていました。牧小の延期騒ぎで10数本の枯れたと思ったクヌギとエドヒガンの苗が回生していました。殆どの葉が枯れ、ほんの少し緑の葉が残っているだけでしたが、ご覧の通り元気を取り戻しています。早速ネット内に植えてやりました。児童のもので枯れたのが有れば置きかえようと点検しましたが、昨年の1本が枯れていただけで、今年植樹した分は全て根付いていました。b0129962_16532880.jpgb0129962_16535139.jpg













b0129962_16562056.jpgb0129962_16564060.jpg


 







  
   植物は裏切らないと言いますが、これほどとは思わなかったです。嬉しくなりました。



<6月23日(火)>桜の森221  薪炭収納、炭切、牧小体験学習下調べ
9時30分~16時20分
b0129962_17555448.jpg
b0129962_1843318.jpg
b0129962_1851611.jpg

 屋根が完成し薪炭を収納、薪割機据え付け、雨水の流れ管理のための工事と一連の作業を終了。
 これで、サクラ満開の中、ブルーシートも満開という恥ずかしい光景がなくなります。



b0129962_185447.jpgb0129962_18612.jpg










 

b0129962_18123195.jpg
 炭切は3人でやるのが一番安全という手順を見つけたようです。
 


 今日は作業の合間に全員で牧小の里山観察コースの下見をしました。
 児童を感動させるには「“観察”でなく”探検”にしよう」ということで、作業道だけでなく笹藪の中や直登コースをロープ伝いで歩く設定等を試みました。↓
b0129962_18173346.jpg
 こんなに大人数でランドマークツリー“黒川・微笑み桜”をしみじみ見たのは久し振りです。↓
b0129962_1829419.jpg
b0129962_18292483.jpg

  トラップにかかったスズメバチの女王達をMtuさんが埋葬したそうです。さすが優しい!
埋葬前に撮った写真を送って貰いました。 静かに眠って出て来ないで下さい。




<6月20日(土)>桜の森220  臨時活動(樋工事、エドヒガン植樹)
8時~16時

 屋根に樋を取り付けました。屋根だけの建造物なので取り付けるのに苦労します。しかし、これは付けて置かないと、雨の時に困るし、ドラム缶にでも集めておけば、何かと使えますし。
b0129962_17463190.jpg
b0129962_1747106.jpgb0129962_17472556.jpg









 作業は3名で出来るとのことなので、気になっていた細々としたことを片付けました。
 その一つ、牧小の体験学習日(11日)に庭に残っていたエドヒガン7本を桜の森に持って行きました。案の定、今日見ると3本が枯れています。生き残っていたのは植木鉢にしろビニールポットにしろ、大きい分つまり土が沢山ついているものです。空梅雨の中、辛うじて生き延びていました。ネットの中に直植えし、たっぷり水をやりました。未だ小さく、踏んずけないように棒を立てて置いたので注意願います。子供達のクヌギも点検して回りましたが何とか生きています。明日から数日、雨のようなので元気を取り戻し、根付くと思います。b0129962_1801055.jpgb0129962_1802750.jpgb0129962_1804249.jpg

 

















  Tさんが仕掛けたスズメバチ狙いのトラップも見事に成功です。
  こんなに、飛んでいたかと思うほどかかっています。
  三つ仕掛けた全てが大入りです。
b0129962_18231591.jpg
b0129962_18233823.jpgb0129962_18235499.jpg










  トラップの作り方、簡単ですから写真を参考に活用して下さい。
 ①ペットボトルに2cmの入口を作る。
  両サイドタテに2cm切る。
  ヨコは真中、上下1cmの所を切る。
  上は、ヒサシのように外側に曲げる。
  下は内側に曲げる。  これで、出来上がり。
 ②中に入れるもの。
  焼酎に砂糖を入れれば、これもOK。
 後は、適当な所にぶら下げておけば1週間位で、かくの如しです。
 三つで20匹程の女王蜂(20のスズメバチの巣)を駆除できました。
<注意>
  トラップまで2m付近で女王蜂に出会い、どうするか観察しました。その結果の教訓。
ゆっくりと直線的に2cm角の入口に向い、入って行きました。中には沢山の酔死?体以外に先客がいて羽ばたいており、御馳走にありつけません。待機しビンの上部で羽ばたいているうち下界の異常さに気がついたのか、引き返そうとしているように見えます。簡単には出られませんが、そのうち幸運にも入口にとまることが出来、やがて外へ飛び出して行きました。
 トラップの中の酔死体は度々取り出し、来客には即、酒風呂に入って頂けるようにしておくことが大切です。


<6月16日(火)>桜の森219  鹿ネット張り、薪乾燥場整地、炭切
9時30分~15時
b0129962_1820567.jpg
  高さ170cmのネットを146m張り巡らせました。
 飛び越えるより下を潜る方が多いと聞いて、ネット下部を念入りに処置しています。
 これで、子供達のクヌギが守れれば良いのですが・・・。b0129962_18212329.jpg
b0129962_18294570.jpg 











 新設の屋根の下の木端を掃除、軽く整地して薪を戻します。気温が上がった中での作業は捗りません。次回送りです。
b0129962_1842527.jpgb0129962_18422575.jpg













<6月14日(日)>桜の森218 臨時活動(屋根工事、鹿ネット張り)
9時30分~15時20分
  屋根工事が完成しました。資材搬入日から数えて6日間、作業参加延べ人員41名。
 残念ながら怪我人1名発生しました。
b0129962_18195442.jpg
b0129962_18251711.jpg

 最終仕上げ段階。
 屋根工事皆勤のMtoさん
 現場主任格。






b0129962_18272244.jpg

 設計・施工管理 兼 現場監督 兼 作業員のT顧問。
 






 そして、最長老のSkaさん、皆勤で常に先頭に  つづく長老、Obyaさん最後はペンキ屋さん。b0129962_18342625.jpgb0129962_1836785.jpg













 みなさん!ごくろうさまでした!
 Tさん用意の米と塩、先日Hriさんから頂いたビールで竣工にあたり四方祓いをしました。b0129962_18432328.jpgb0129962_18434288.jpg












 私とKwatさんは鹿ネット張り。半分、次回へ持ち越しです。
b0129962_18552269.jpg




<6月13日(土)>牧の台小学校校庭  緑の少年団(クヌギ植え替え)
9時~12時
  緑の少年団の定例活動日と菊炭友の会の臨時活動日とがダブッたので私は少年団に参加しました。
 4日に4年生から1年生に引継がれたクヌギの苗を植木鉢から苗床に移す作業をします。
b0129962_1591117.jpg
 参加者は 6年生1、5年生5、4年生2、3年生1、父兄2、弟妹2、世話役2、合計15名。
b0129962_15204435.jpg
  植木鉢からビニールポットに移します。
b0129962_1521294.jpg
  ポットに移したものを苗床に埋めます。
b0129962_15211952.jpg
 終了です。全部で217本。元気で育ち、2年後には桜の森へ来られるように。
b0129962_15235545.jpg



<6月11日(木)>桜の森216  牧の台小学校 里山体験学習第1回、植樹地鹿防御ネット張り
8時~15時30分
 
 朝8時、Wtaさんと牧小の校庭へクヌギ苗掘り、引き続き8時40分から多目的ホールでオリエンテーションです。児童が住む川西市大和と学習の舞台となる川西市黒川の違いに興味を持つ方向へ誘導したつもりです。
b0129962_2016303.jpg
 予算の関係で電車と増便して貰った路線バスで黒川着です。
b0129962_20285984.jpg
 6名のメンバーが10数名のグループを引率、桜の森迄の約2kmを歩きます。
「今日は、オタマジャクシや蛇と遊ぶのなし!」と最初に釘を刺したけれど、無駄。児童の最大関心事は動くものにあったようです。畑、棚田、椎茸栽培地、クヌギ1000本植樹地、コナラ林皆伐跡、栗林、鹿・猪防御用電気柵、台場クヌギなど大和に無いものが、どう見えたかな?
b0129962_20323176.jpg
  とかなんとか言いながらも、予定時間前に桜の森到着です。
b0129962_20381558.jpg
 方法を教わった後、一斉に植樹です。
b0129962_20452073.jpg
b0129962_20475757.jpgb0129962_20483017.jpg









b0129962_20495390.jpgb0129962_20504159.jpg









 あれ!? 役割忘れてお母さん達も植樹です。いいですよ、楽しんで下さい。b0129962_2054125.jpgb0129962_20543843.jpg











  植樹の後はバケツリレーで水やりです。
b0129962_20591111.jpg
b0129962_2101762.jpg
  驚きです、全てが予定通りの時間で昼食場所の黒川公民館まで送り届けられました。
 「ありがとうございました!」との児童に「帰り道、気を付けて。また、来月!」と分かれまし
 た。 児童は昼食後、1時間の予定で妙見口駅まで歩き、電車で帰ります。

 午後は、鹿防御ネット張りです。b0129962_21213993.jpgb0129962_2122394.jpg













b0129962_21223252.jpg

 まず、240cmの支柱を3m間隔で50本立て終えました。
ネットは、残念ながら40mを仮止めしたところで、力尽きました。

 若葉萌える今、鹿も食糧難ではないだろうと、次回送りです。




b0129962_21331838.jpg





<6月9日(火)>桜の森215  臨時活動日(薪乾燥場屋根工事)
9時30分~15時30分
 Sjiさんと私は午前中、県民局へ打合せに。
13時過ぎ桜の森到着時点で、約半分の屋根が張られていました。
上下の連携が要求される作業です。
b0129962_1727819.jpg
屋根の上は、技術顧問のTさんと最年少(^_-)のSkaさんです。Skaさんは何時も積極的に活動され、頭が下がります。
b0129962_17293352.jpg
  この写真↑では分かりませんが、トタン板に穴を開け、フックを通して鉄管に固定します。
 細かく、数も多い作業です。後1日かかりそう。 屋根工事は、10日、11日は中断です。
 今日はここまで ↓
b0129962_17501321.jpg

 コーヒーブレイクに来客。先日、ネットで炭をお買い上げ頂いたHriさんご夫妻です。
 ビールケースを肩に「先日のお礼に」と仰って。お礼するのはこちらですのに、恐縮致します。
b0129962_17594767.jpg
 ご一緒にどうぞとコーヒーを無理強いして、また後悔。
かくのごとき始末です。
奥様が、全員のカップを洗って下さって・・・。
この奥様、アウトドアの達人とお見受けいたしました。水の使い方が抜群。「運ぶの大変でしょう。大切な水ですもの」と無駄なく、りユースも考慮されていました。

 記念にゲートでご夫妻お揃いの写真を撮りお見送りしました。

 最後に、残念な事故報告です。詳しくは本人から報告して貰いますが、午前中、ジローさんが
上からなのか、途中からなのか落ちるという事故が発生しました。
念の為にと行った川西病院の診察で、肋骨の先端が折れていて、内臓への影響を検査する為に2.3日入院ということになったとのことです。
 メンバー全員、さらに気を引き締めて安全第一を心がけましょう。



<6月8日(月)>桜の森214  臨時活動日(薪乾燥場屋根工事)
9時30分~15時30分
  建造物は全容が見えるようになってから完成までが時間がかかりますね。今日は屋根にか
 かるかなと思っていましたが、骨組の完成までで終了です。
b0129962_18354485.jpg
b0129962_18384058.jpg

  全ての柱に筋交いを入れる、これに時間がかかります。

  






b0129962_18401765.jpg
  鉄管をクランプで繋ぐのですが、これが知恵の輪的面白さがあります。




  ↓ ゲートから見た所です。
玄関口をブルーシートで飾って?居たのが、見てくれも良くなるでしょう。 しかし、資金繰りが厳しい~。
b0129962_18445892.jpg




<6月7日(日)>桜の森213  薪乾燥場屋根工事、炭切、植樹用地手入れ
9時30分~15時30分
 日替わりヒーローが出ているようです。
通常の活動内容と少し変わった作業をする時にヒーロー?が登場するのが私達、シニアのグループの面白い所です。思ってもみない人が思わぬ活躍をする時、何だか喝采を上げたくなるような不思議な気持ちになります。私達年代の特性でしょうか。
 現役時代のように仕事は勿論、遊ぶのも同じ顔触れという単純なものでない面白さです。
 今日は日曜会員のOkaさんがヒーローでした。
b0129962_2034240.jpg
b0129962_20111936.jpg
  明日、明後日と臨時活動日を設定し、本格的な梅雨入り前完成を目指して突貫作業です。 
 
  炭切機が女子会員2名の手により本格稼働しました。
b0129962_2014502.jpg
b0129962_20163617.jpg
  手鋸と比べて早さは3倍以上、何より切り損じがないのが良いと言うのが、本格使用後の 
 感想でした。
b0129962_2024085.jpg
  牧の台小学校の里山体験学習の第1歩、クヌギの植樹地です。今日で何回除草したで
 しょうか。幼い児童が校庭でドングリから育てた苗を植樹に来ると思えば、それなりの準備を
 しておきたいと思いますが・・・。
b0129962_20272282.jpg
b0129962_20395469.jpg


今年もササユリが咲きました。











<6月5日(金)>桜の森212  臨時活動(薪乾燥場資材搬入、建築)
9時~13時
 今日の天気予報は外れ。南へ下がるはずの前線がそうはならなかったのでしょう。資材の搬入中はともかく、いざ建築にかかって激しく降り出し、午前中で切り上げました。
 公民館に20分前位に着いたのですが、姫路を7時前に出たと言う2tトラックは既に到着していました。
軽トラックに過積載状況で3往復。養蜂家の前身は土建関係だったというプロの技と道具に助けられ、5mの鉄管も途中2度、荷崩れの修正しながらも無事搬入出来ました。
 今日は杭を打って終了です。
b0129962_16132922.jpg
  プロ2名が色々試しますが水平が上手く出ません。水管(水を通すビニール管)に異常あり、次回取り替えて実施という結論になりました。この作業が終了しない限り我々素人は手の出しようがありません。顧問参加可能の7日まで、工事はお預けです。
b0129962_16161671.jpg



<6月4日(木)>牧の台小学校  クヌギ苗 引継ぎ会
10時50分~11時20分
 牧の台小学校に於いて、先輩から後輩へクヌギの苗が引継がれました。
4年生が3年生の時にクヌギのドングリを自分の植木鉢に植え発芽させたものを1年生に引継ぎます。
1年生は、この苗を2年間校庭で育てて、3年生になった時に桜の森に植樹しに来ます。
 4年生がそれぞれ自分の植木鉢を持って来ます。
b0129962_166398.jpg
 植木鉢が次々と苗床の横に並べられて行きます。全部で80鉢です。
b0129962_1682525.jpg
 送り手の4年生と、受け手の1年生が対面し、式が始まりました。
b0129962_16104623.jpg
  4年生代表の挨拶です。
 「私達は、先輩から引継いだクヌギの苗を黒川に植えました。今もどんどん大きくなっています。やがてクヌギの森になると思います。ここにある鉢は、私達が黒川・桜の森で拾ってきたクヌギのドングリを植えたものです。みなさん1年生も、このクヌギを頑張って育てて、綺麗な森を作りましょう。」
 4年生から1年生に植木鉢が手渡されます。
b0129962_16233156.jpg
  1年生全員で大きな声を合わせて返礼の言葉です。 「水をやります! 草をとります! 
 大切にします!」     
 最後に校長の話があり、引継ぎ式は終わりました。
  このあと、1年生は苗床の見学です。クヌギと草の違いをしっかり覚えてよ~。
b0129962_16331670.jpg
  植木鉢の苗は”緑の少年団”の団員の手によって、今月13日にビニールポットに移し、
 苗床に植えられます。
b0129962_16342185.jpg
   


<6月2日(火)>桜の森の ランドマークツリーの名前が決まりました。
 何時の日か、なるであろう、日本の名物桜に相応しい命名となりました。
          兵庫県 黒川・微笑み桜
 桜の森を訪れる人達には「ようこそ、いらっしゃい、楽しんで下さいね」 という歓迎の
微笑み。  
 そして、私達関係者には「助けてくれてありがとう、山を綺麗にしてくれてありがとう」 と言う感謝の微笑み。最近では「今日も元気そうですね、怪我をしないように気をつけて下さいね」 と言う思いやりの微笑み。
 そんな思いで命名されました。発案者は篠山市の山取純子様です。

<6月2日(火)>桜の森211  屋根・遣形工事、切炭調製、テーブル運搬 他
9時30分~15時30分
 一瞬目を疑いました。牧小のクヌギ苗が枯れています。先月18日の植樹用に用意した苗、
インフルエンザ騒ぎで埋め戻しました。
もっとも今頃動かされるのは苗木にとっては迷惑な話です。
b0129962_19525556.jpg
 祈る気持ちで枯れた苗をポットごと水を入れたバケツに朝から14時ころまで浸けて置き、再び埋め戻しておきました。
児童二人に1本の予定でしたが、それは無理。最悪、我が庭のエドヒガンの苗で代用することで教頭の了解を取りました。
b0129962_2051046.jpg
 今日の最大の作業は薪乾燥場の屋根工事の準備です。予定地に置いてある薪の移動から始めました。
b0129962_20152665.jpg この作業の間に、薪の隙間からムカデは可愛い方で、ここ1年以上ご無沙汰だったマムシにご対面。
自然を愛するとか言っている私達もマムシとスズメバチに遭遇すれば「殺せ!」となるわけで・・・。
2匹のマムシ君の無残な姿は掲載しません。山の神の元へ返すべく神殿に供えました。
話のついでに・・・、この時期、私達は生態系云々も無視してスズメバチを見つければ30秒で1000円が吹っ飛ぶ殺虫剤を持って追っかけまわします。
今、飛んでいるのはスズメバチの女王。彼女を抹殺すれば巣を1個駆除したと同じ効果なわけで・・・とか言いながら・・・
これも今日2匹、ごめんなさい!でした。
 話がそれました。薪の乾燥場の屋根の件です。
薪の乾燥途上、雨に濡れると薪が黒ずんでしまい、商品価値が落ちます。それに、ブルーシートで覆っている現在、桜の森の景観の足をしっかり引っ張ってくれます。
あれこれ、やりくりして屋根を作ることにし、その遣形工事をしました。b0129962_20424354.jpg

 水管で全体の水平位置を決めるわけですが、単純だけれども重要な作業です。








b0129962_20431265.jpg 水糸と呼ぶ赤い糸が張ってあるのですが、写真では見えませんね。
 この作業が終われば、5日に納品される資材が揃えば建築にかかれます。

by cn1398 | 2009-06-02 18:07  

<< 2009年活動記録 2009年5月活動記録 >>