2009年活動記録

<7月28日(火)>桜の森227  草刈、薪材集結、薪割り、炭整理、水捌け工事
8時30分~13時
 4ヶ月振りでしょうか、Mtiさん参加!さすがに色が白く、スリムになって・・・。
でも、良かった!少しづつ体を慣らして・・、山の空気を吸うだけで元気がでるよ。
何処かから落ちた人、酒場に出没!? そうとは知らず心配しているのに、そんな元気があるなら、すぐさま出頭されたし。
 Dwakiさん、如何ですか?出られるようなら、空気を吸いに来ませんか?今日もサンコウチョウが鳴いていましたよ。
しばらくご無沙汰のみなさん!8月2日は新設の「入山記念日」。酒はないけれどバーベキューで談笑しませんか。
 桜の森の酒場は大繁盛!酒好きのカナブンで一杯。そして、今日は珍しい客が二組も入っていました。
カブトの夫婦です。
b0129962_1645983.jpg
b0129962_167419.jpg
   カナブンが大きなカブトに向って縄張りを主張するかのように立ち向かっています。
b0129962_1681480.jpg
   カブトのオスはやはり角が武器ですね。上に向って跳ね上げるように応じていました。
b0129962_168491.jpg
  何時までも、そんなことしていないで早く帰らないと天敵にやられるのにと心配です。

  作業は、薪材を集め、割り、整理です。大木化してしまったクヌギの萌芽更新を促進する為
 に伐ったクヌギです。クヌギは大変重い木で、一苦労です。 
  今日、帰りに自治会副会長にバッタリ。キャンプ場に50束の注文頂きました!
b0129962_1625423.jpg
b0129962_16255961.jpg
 この間から中間で長めの休憩を取るようにしています。各自持参の飲物しかなかったけれど
 久し振りの友の元気な姿を見、場が和んでいました。
b0129962_16315494.jpg
  休憩を挟んで草刈りです。整備面積が広がらなくて苛つきますが、この草と笹がある限り
 大きな拡大は望めません。
b0129962_16381233.jpg
 Mtiさん、スローリー、スローリー。
b0129962_16385473.jpgb0129962_16391978.jpg










    
   炭の整理は次回へ持ち越しです。袋が紫外線で退化しているようで、新しいのを購入しな
  ければなりません。今窯に入っている炭を出すのは次の次くらいになりそうです。
b0129962_16555660.jpg
 Ktaさん得意の水捌け工事、写真撮り損ねました。ごめん。   これ ↓ は昼食風景。
b0129962_212248100.jpg




<7月21日(火)>桜の森226  激しい雨の中、薪割り
8時30分~13時30分
  京都南降水確率50%以上でしたから、活動中止がルール。しかし、天気予報は午前中は
 曇りということだったので活動参加者9名。そして県からのお客様も2名来られました。
 実際は9時ころから激しく雨が降りました。
 雨にも関わらず掲げられた幟に容赦なく降りかかります。
b0129962_16475115.jpg

b0129962_164895.jpg
  b0129962_1655592.jpg

それでも「やろう!」ということで・・・
雨でも出来る作業はこれだけ。


前回、集めた薪材全てをストーブ仕様で割ってしまいました。



b0129962_16565339.jpg
b0129962_1713045.jpg


 長らくスープ代わりに重宝していたラーメンもこの夏で終わりかも・・。
 寒い冬にこそ欲しいんですがね・・・。 


 ↓ ネットを張ってから40日。
早くも蔓植物がご覧の通りです。

b0129962_176792.jpg
  県からは私達の活動状況を広報紙で紹介する為の取材でした。
 それよりも、林業に精通しておられるだけに吸収することを沢山お持ちで、再訪問を約束頂き
 そちらの方が楽しみです。



<7月13日(月)>桜の森225  クヌギ植樹地草刈、薪割り、薪材集結
8時30分~13時30分

  参加8名でしたが、作業は捗りました。10時まで全員で植樹地の草刈。
b0129962_16424252.jpg
b0129962_16431648.jpg
 9日に牧小の児童80名が自分達が6月11日に植樹したクヌギの周りを除草しました。 ↑
保護者等も加えると約100名が
1時間。
←昨年植樹した周りもやりたかったのですが、その余裕は全くありませんでした。
今日は、その部分をやりました。
草に埋もれているクヌギを4名が鎌で掘り出し、残りの4名が刈払機でb0129962_1644770.jpg刈って行きました。
1時間で終了。
さすが動力機とチームワークです。









b0129962_1755438.jpg
 10時から30分位の休憩を挟み、4名がキャンプ場仕様の薪割り。
 あとの4名がクヌギを薪材用に玉切りして置いてあったのを作業場に集めました。
 雑談しながらの長めの休憩は良い感じでした。
b0129962_17142930.jpg
 キャンプ場仕様はストーブ用に比べ大変手間暇がかかります。
普段、焚き火をしない人達用として火付きを良くするためにでしょう、かなり細く割ることを要求されます。
12時20分まで頑張って17束出来ました。今日は薪割機のご機嫌も良くなかったようです。b0129962_17244082.jpgb0129962_1725586.jpg












 キャタピラ車で作業場まで運びます。往復している間に、定点観測地横が中継点になり、
そこまでは、御覧のような頭を使った方法で集結されました。 ↑
分かりますか?安全と体力の両立を狙った方法です。
 
 そして、やはり居ました! カブトムシ、ミヤマクワガタ、コクワガタ。残念ながらカブトムシは
カラスにでも襲われたのでしょう、残骸ですが・・・。
クワガタはバナナを塗ったクヌギに沢山のカナブンと一緒に居ました。ノコギリクワガタは何度か見ましたがミヤマクワガタは初めてです。
 そして、ヒグラシの抜け殻もありました。夕方には鳴くのでしょう。
そう言えば、今日は「・・・・・ホイ、ホイ」とサンコウチョウの鳴き声も聞こえました。
児童が喜ぶものとの出会いはタイミング的にとても難しいですね。
b0129962_17335690.jpgb0129962_17374017.jpg















<7月9日(木)>桜の森224  牧の台小学校(第2回)里山体験学習
8時30分~13時

 前回と同じく当日朝7時で決行かどうかを判断するという天気でありました。結果も同じ決行。
朝8時40分から、学校でのオリエンテーション風景です。
b0129962_18155058.jpg
 桜の森に10時到着。すぐに探検隊と除草隊に分かれて活動です。
 植樹から、僅か1ヶ月、クヌギが埋もれているのに驚き、クヌギ探しから始まりました。
 周りの草で背が高いのはどんなもの?笹は何故、背が高いのか?蔓植物はどうしている?
 植樹した時には周りに草は無かったのに、クヌギが負けてしまいそうなのは、どうして?
 草刈の動機付けをします。
b0129962_19195114.jpg
 手で引き抜いたり、ハサミで切ったり、スコップで掘り出したり。父兄は鎌で、さすがに早い。
 父兄の参加は9名。今年連続参加、一昨年参加の方もおられました。
 終了時間が迫る頃、綺麗になって来ました。
b0129962_2092411.jpg
 時間が有れば・・と思った・・昨年植樹した部分です。
b0129962_201817100.jpg
 画像の中央にクヌギが顔を見せています。↓このままだと、やがて埋もれ枯れてしまいます。
 ここも、3年前までは笹しか生えていなかったのですが・・。
b0129962_2021413.jpg

 探検隊は10名編成で森の中を歩きます。炭焼窯跡、森のシンボルツリー(黒川・微笑み桜)
b0129962_20575573.jpg
 背丈以上の笹藪の中を通り、ロープを頼りに急傾斜の直登コースを登りヒサカキ密生地へ
b0129962_2034521.jpg
 蔓に絡まれ絞め付けられて変形したクヌギの老木観察です。↓
b0129962_20361492.jpg
 この木には昨夕、バナナを焼酎に浸けて発酵させたものを、塗りつけに来ました。
 カナブンしか来ていません。b0129962_20404439.jpgb0129962_2041686.jpg










 子供達の歓声を聞きたかったのですが、残念ながらそうはいかなかったようです。
昨年はクワガタが出てきてくれました。感激のオオムラサキとの出会いもありました。
時期も7月の11日で大差はないのですが・・・。そういえば昨年多くて、警戒したスズメバチさえ今年は見かけなかったのは、何かの変化が起こっているのでしょうか。
今年はカブトムシの幼虫が沢山いるのを見つけ、そっとしておき、成虫になった形跡を確認していましたが・・・
昼間の出会いを期待するのがまちがいですね。
 全てのプログラムを終え、帰り仕度を整えてゲート前に集合です。
b0129962_216486.jpg
 昼食場所の公民館へと帰って行きます。次回、第3回の体験学習は9月17日(木)です。
b0129962_2162415.jpg
 準備に随分、時間をとられた割にはメンバーにもう一つ充実感がないように感じられます。
 これは何でしょうか。
 原因の一つは、森の整備が進んでいることにあるように思えます。
こんなに荒れている森をこのように整備して来たよということを、言葉で説明しなくても見せるだけで良かった一昨年、昨年に較べて、今年は写真を使っての説明をしたりで、パンチの無さ、もどかしさを感じているのではないでしょうか。
子供達も本物を見るより感動が起こり難いのだと思います。息を呑むように押し黙ったり、「ワ~ッ!」という歓声を上げることが少なかった・・?それで説明する方も調子に乗れなかった・・?のではないか・・・と想像します。
 除草作業では全て現物に当たっているので、そういった問題は発生しません。
森の整備に関するプログラムはリニューアルする時期に来たのかもしれません。

(森の探検隊の写真はWtaさん、Kwatさんにお願いしました)



<7月5日(日)>桜の森223  下草刈り、薪割り、炭切
8時30分~13時30分

 今月から9月末までの活動時間が夏時間に変更になります。
8時30分集合で昼食後解散ですが、これが厳しい! 午前中の作業時間が1時間延長になるわけで、今日のように、刈払機を連続回していると全身汗でグッショリ。
初日で身体が慣れていないこともあるでしょうが、昼食が喉を通りません。
中間で長めの休憩を取るべきでした。
写真を撮ることも忘れて、朝刈払機5台の始業点検風景の1枚だけでした。
b0129962_17594135.jpg
 報告のあった作業結果は、キャンプ場仕様の薪30束。新取組の茶炭3kg。
 下刈りは牧小の体験学習ルート並びに植樹地のおおまかな部分は終了しました。
 昼食後は作業がないわけで、むしろ、私はその時間を楽しむ感じになりました。

by cn1398 | 2009-07-05 17:45  

<< 2009年活動記録 2009年6月活動記録 >>