人気ブログランキング |

2010年活動記録

<2月2日(火)県立三木山森林公園  「刈払機取扱作業者安全衛生教育」受講
8時~18時
  3名が受講しました。Wtaさんからの報告です。口頭の報告では凄い体験をしたそうです。

  三木山森林公園での研修(学科5時間、実技1時間)を3人で受けてきました
写真は  ① 講師
      ③ 一色さんの実技
      実技は時間の都合で2人のみでしたb0129962_16555075.jpg
b0129962_16561637.jpg











<2月2日(火)>桜の森256  第1回炭焼き  中山クヌギ伐採
9時30分~16時30分        3日:空気調整(うしろに報告)
                        4日:クドサシ(うしろに報告)
  窯には、なお炭火が残っていました。10時15分、窯の中の灰と炭火をドラム缶に移す作業
 をしている時の煙道口の温度、150℃。これだと窯の中は300℃以上のはず。とても、中に
 入れる状況ではありません。昨年と同じく、窯の温度を下げるために炭焼き用原木を押し込み
 待つことにし、私は中山へクヌギ伐採に回りました。12時前に帰ってくると炭焼き用木入れが
 始まっていました。b0129962_1823669.jpgb0129962_19561443.jpg










 今日の炭焼きはNkadさんとNsijさんに頼みました。新人への説明もキッチリ出来たようだし、新人も勉強熱心な人が多く、ノートをしっかり取っているようでした。
  点火1時間半後の煙です。 ↓       これは!と思う間もなく ヌカ火です。早過ぎる!
b0129962_18241196.jpgb0129962_18242485.jpg
















  煙道口の温度は60℃。まだまだ先は長い。火を宥めながら、焚き続けて貰います。
 そのような間にも窯前では上げ木の調整作業が進んでいます。こんなに大勢で!
b0129962_18253348.jpg
  一方、中山です。Myaさん、Skaさん、Obayさんと4人でかかりました。
 昔は良いクヌギ山だったと言うことですが、今ではクヌギの数は大したことはありません。
 今日の収穫、Htanaさんの息子さんと話しが出来ました。b0129962_1828011.jpgb0129962_18281570.jpg










b0129962_18324894.jpg
  点火3時間後、煙道口温度82℃。メン塗り開始。b0129962_18361094.jpgb0129962_20303026.jpg










b0129962_2031072.jpg ↑ 勉強熱心な人達ばかり。メン塗りをしっかり観察しています。
この後交代しながら体験もしました。
← 点火3時間半後、メン塗り完了です。
煙道口86℃。
そして、点火4時間後の煙です。↓

今年の炭焼きはメンバーが多く、核になる人の参加もあり、楽させて貰えるかも・・・。

b0129962_20313118.jpg
 去年から考えていました。この窯は5時間も焚かなくて良いのではないかと・・・
今日は3時間半位です。窯の温度が高かったから・・ということもあるけれど・・・
窯焚きは4時間位。その代わり、これまで疎かにしていた空気調整を真面目に取り組むというおぼろげな考えを持っていたのですが・・真剣に試して見るべきかも。

  <2月3日(水)>桜の森  第1回炭焼き  空気調整
    8時~9時40分  (当番:Mtuさん、Skatさん、Tkeokさん)
  美山さんの栗林から見た煙。写真を撮る為に車から出ると、炭焼きの強い臭いがしました。
b0129962_10384434.jpg
  長老小屋付近から
b0129962_10392937.jpg
  元気一杯の煙です。昨日、「どうか、消えませんように」と今日の空気調整当番の3人が窯
 に向かって2礼2拍手1礼をしていましたが、その効果がありました。
b0129962_10465015.jpg
b0129962_1051887.jpg
 「ブログを見ていて、今日あたり煙が出ているだろうと思って・・」とアマチュア写真家。
こういう方もブログをご覧になっているのですね。
火が消えなくって良かった!

ご自分の描いたイメージ到来を我慢強く待っておられるのでしょう。
私たちより早く来て、帰る時も頑張っておられました。


b0129962_110325.jpg
    8時45分 煙道口温度 110℃  調整石 A が入れられました。
     窯の内部温度 推定  400℃
    9時23分 煙道口温度  120℃  調整石 B が入れられました。

   16時20分 煙道口温度  220℃  調整石 C を入れた。
     煙の色は変化ないが、煙道口付近に透明感が出てきた。(Mtuさんからの報告)
     窯の内部温度 推定   490℃    明日は9時集合にしましょう。
 
 明日のクドサシの準備をし、退散しました。
Mtuさんは調整石 C を入れるために16時頃、もう1度来てくれます。
クドサシのタイミングが未明に来ないようにするためです。
ご苦労様です。お陰で楽をさせてもらえます。
b0129962_11195486.jpg
 長老が黒川小学生だった頃の校歌の一節に「谷間に棚引く炭焼きの煙」という歌詞があった
 そうです。今日は黒川に二筋の煙が上がっています。 こちらはプロ今西さんの窯の煙です。

 2月4日(木)第1回炭焼き  クドサシ
  8時45分~10時15分
   8時45分の煙道口の状況です。Mtuさんが空気穴に入れた「C」が効きました。
 クドサシのタイミングはこれからです。
 温度計は300℃を振り切れました。本格的な温度計は5万円もするので、私たちには
 手が出ません。オーブン用の300℃までしか測定出来ないもので間に合わせています。
 後は師匠から教わったマッチでの測定で行きます。
b0129962_1782141.jpg
  空気穴の写真、企業秘密で掲載しないわけではありません。最近、うっかりが多く、写真を整理する段階で削除してしまいました。
焚き口の1段目、レンガ1とレンガ2及び調整石A.B.Cは今後、別管理し常に同じ物を1段目で使用するようにして下さい。そうすることにより、空気調整のノウ‐ハウが積み上げられます。b0129962_17284797.jpg

9時50分煙も消え、マッチでの測定も4秒。
クドサシ実行!
クドサシ用の土は箱を作り、別管理しています。空気を遮断するわけですから、塊があったり、可燃物が混じっているのは拙いですね。




    土を木で抑えます。                    煙道口も封鎖されました。
b0129962_1727752.jpgb0129962_20223053.jpg











  10時15分、クドサシ終了しました。

by cn1398 | 2010-02-02 18:11 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 2010年活動記録 2010年活動記録 >>