2011年3月4日

<3月4日(金)>桜の森334  第5回炭焼クドサシ
9時30分~15時b0129962_17171642.jpg


今朝9時の煙道口、温度263℃。
これまでより低い。空気穴の絞り過ぎ?(これまでと比較して・・・)
ゆっくり焼く方が良い炭になるのでしょうが、夜遅いクドサシは嫌だ!(通いで炭焼の限界?)


  とにかく待つことにして、その間の作業
 ①微笑み桜の前“放置モデル地区”を整備対象に組替え、下刈をする。
 ②クヌギ植樹地を上へ拡張する為の下刈。
 ③伐倒済の大径木を玉切り、薪場への集結。の3班に分かれました。
b0129962_1732781.jpg
  里山放置林と整備林との比較教材に、“放置モデル地区”を設定していましたが、このたび
 美観を優先することにしました。葛の繁茂が物凄いですね。従って、この藪の中は猪の食堂
 になっていたのでは・・。葛の根を掘り出した穴が彼方此方に出来ています。
 ただ、ここを整備すると小鳥の巣造りの邪魔をすることになるのが、少し心残りです。 
 まるでジャングルですね。3人で取り組んでいます。
b0129962_1741340.jpg
  クヌギ植樹地の拡張にも3人がかかりました。
b0129962_17431559.jpg
    b0129962_1747292.jpg


私達が伐倒する中でも太い方のコナラでしょう。大きいチェンソーを使用しました。










b0129962_17472962.jpg

谷の下へ集結するのですが、単純に転がすと、何処まで転がるか分かりません。
ロープを使って、転がりをコントロールします。









b0129962_17474581.jpg

初めて見た時には玩具のように思えたキャタピラ車。
この小さな力持ちが無くては私達の作業は進みません。
ただ、タテには強いのですが、ヨコには全く弱く、簡単に転んでしまうだけに、急傾斜地で重量物を運搬する時には神経を使います。今ではTkiさんがベストドライバーかな?





b0129962_1862191.jpg
そうこうしているうちに15時。
しかし、窯の温度は上がりません。
286℃。煙もあります。

今日は、暗くなるまで頑張る気力は無いようです。そう空気を呼んで“クドサシ明日へ延期”を提案してみました。 即、賛成!の雰囲気・・・ 但し、私にも自信はありません。どうなるか?

  やったことは、こうです。↓空気穴、煙道口、両方をギリギリまで絞りました。b0129962_1815526.jpgb0129962_1816739.jpg













b0129962_1818519.jpg
 これで、明朝8時ということになりました。チョット・・まあ、いいでしょう。色々やって見ましょう。

by cn1398 | 2011-03-04 18:24  

<< 2011年3月5日 第5回クドサシ 2011年3月3日 >>