2011年5月 活動記録

<5月17日(火)>桜の森343  牧小環境体験学習、物置組立、薪割り、炭調整
8時30分~16時
 兵庫県では“環境体験学習”と称し、小学校の3年生に年間4回の校外学習を義務付けています。川西市立牧の台小学校は4年前、パイロット校として今年卒業した児童から取組を開始、菊炭友の会が企画運営などバックアップをして来ました。この関係で、牧小は昨年グリーンスクール表彰校に選定され、菊炭友の会も2カ所から表彰され賞金も頂きました。
 5年目の第1回体験学習を今日、実施しました。児童97名、保護者16名、教師、校長以下6名、菊炭友の会のメンバー21名、総員140名での体験学習となりました。
学習プログラムの内容の大筋は昨年までと変わりません。変わらないと言うより、3年生だけではなく全校的な展開になっているので大きく変える訳には行きません。しかし、毎年、少しづつ進化しています。これまでは忙しくしておられる担任の先生には極力負担をかけないようにして来ましたが、今年はプロの教師の良さを発揮して頂くように工夫することにしました。
その成果は、早速現れました。「やっぱり先生は上手いですね~」という感想ががメンバーから出ました。その先生に「里山のプロ」と子供たちに紹介された私達も頑張りましょう。
 朝、学校でのオリエンテーションです。
b0129962_20331914.jpg
 教室を出て、校庭の苗床で児童が1年生の時から育てて来たクヌギを掘り起こしています。
ポットに入れてはいましたが突き破った根が意外に太く、想定外の手数がかかりました。
b0129962_20361074.jpg
b0129962_20444945.jpg
 児童2人で1本のクヌギを黒川・桜の森に植樹します。苗床で育ちが良くないのは来年に残し、荷台一杯分(約60本)の苗木を運びました。

 電車と路線バスで黒川まで、
黒川バス停から約2kmを里山の観察をしながら徒歩で桜の森へ。
b0129962_20584343.jpg
 予定より大幅に遅れて桜の森到着。気になるのは担任教師考案の里山観察シート(桜の森ビンゴ)。確認し合っています。
b0129962_2059078.jpg
 3年生の環境体験学習では初の“桜の森での昼食”。“微笑み桜”近辺での弁当です。
b0129962_21134996.jpg
 休憩時間も無く、クヌギ植樹。
b0129962_21171356.jpg
 植え終わる間もなくバケツリレーで水やりです。
b0129962_2120118.jpg
b0129962_2121823.jpg
 奥から水をやり、終わった児童が下に降り、全体が円になり、バケツが一方通行し始めて一気に能率が上がりました。
 子供たちのテンションの高いこと!耳が痛くなるほど掛け声が続き、それだけで体力を消耗しないかと心配になるほどでした。お陰で遅れを取り戻し全てのプログラムを終えて予定のバスに間に合うよう、早々に引き揚げて行きました。
b0129962_21354863.jpg
 子供たちが去り、静かになった桜の森、何だか気が抜けてしまって、予定の次の作業へスムーズに移行できませんでした。
 一方、体験学習には全くタッチしないで、4名の人に懸案の物置小屋組立に取り組んで貰いました。b0129962_21522071.jpgb0129962_21523942.jpg










b0129962_21532233.jpg
 道具が増え小屋が手狭で整理整頓が行き届かなくなり、その分、道具の扱いが粗雑になり始めていました。物置小屋が欲しいなと思い続けていたところ、思っても居なかった助成金を頂けることになり、念願の小屋組立です。
大きいから組立はプロでないと難しいとメーカーから言われたけれど、これまで殆どのことを自分たちでやって来た私達です、これも、やってしまいました。組立費3万何がしが節約できました。転倒防止のアンカーと内装工事が残りました。

b0129962_2154756.jpg

by cn1398 | 2011-05-17 18:33  

<< 2011年5月 活動記録 2011年5月 活動記録 >>