2011年9月活動記録

<9月7日(水)>桜の森358  牧小3年第3回環境体験学習
8時30分~12時30分
 今日の参加者、児童99名、校長以下教師6名、保護者16名、菊炭友の会スタッフ24名、
合計145名での体験学習。
8時30分から学校でオリエンテーション。児童はバスで桜の森へ、9時30分頃、一部の児童到着、クヌギの毛虫で騒いでいる頃 ↓、国道から降り口でとんでもない騒ぎが起きていました。
b0129962_17594815.jpg
  スズメバチの巣だとか・・私達が毎回の活動で通っている道、全く気が付かなかったのですが、子供達の歓声などで刺激を受けて飛び出したのか、或いは分蜂(*脚注)の時期なのか、いずれにしろ降りて来れません。
到着していた児童30名程は急遽、新しい班を編成、予定の活動に入り、全員の到着を待ちます。蜂ジェット数本を持ってあがりましたが、それでは片付かず、結局、迂回路を拓いて20分位遅れで到着。 遅れた分は縮小し予定の12時20分には桜の森から帰って行きました。
 7月に続いて、クヌギの周りの草刈りです。
b0129962_1825442.jpg
 鎌を使うのも2度目で、落ち着いて作業が出来ていました。b0129962_18264164.jpgb0129962_18265736.jpg










b0129962_18342389.jpg
 桜の森のクヌギの植樹地には、牧小の6年生、5年生、4年生、そして3年生が植えたクヌギと、6年生のクヌギと同じ時に発芽し、桜の森へは緑の少年団が植えたものと5種類のクヌギが有ります。その5種類の大きさを調べています。
先ず、背丈です。
1m尺を使用しているから、3年生のクヌギでしょう。

b0129962_2044347.jpg
こちらは、地際から10cmの高さで、幹の直径をノギスを使ってはかっています。





 背丈が見上げるほど高いのもあります。 ↓

b0129962_18412343.jpgb0129962_18422015.jpg 
















 調査結果の集計表です。味わってみて下さい。凄いことが分かります。(拡大します)
b0129962_1846243.jpg
                                    (ここまでの写真はMtubさん撮影)
 ヒサカキが密生し暗い森になっています。
b0129962_1948972.jpg
 そのヒサカキを伐倒し、明るく地表まで光が射す森を目指します。↑のヒサカキを倒しました。↓ 
b0129962_19482694.jpg
 初めて使う鋸、頑張っています。
b0129962_1952147.jpg
  担当のリーダー以外に見守っている目が有ります。
b0129962_19521674.jpg
b0129962_19522963.jpg
b0129962_1953181.jpg

真剣な顔
生木を伐るなんてことは一生に一度あるかないかの体験ではないでしょうか。
植樹地の地面と、ヒサカキ伐倒地の地面の違いを充分に理解しただろうか・・



b0129962_2074715.jpgb0129962_208296.jpg









 倒した木を下の作業道まで運び出します。イイゾ!裾仕舞いもしっかり出来ている。
b0129962_20204874.jpg
 降ろした木を玉切り、枝葉を整理して作業完了!
b0129962_20211961.jpg
b0129962_20213671.jpg
b0129962_7262465.jpg
 事前準備だけではなく、終了後も、道具の手入れなど後始末の仕事が有ります。b0129962_20124854.jpgb0129962_201341.jpg











*分蜂:スズメバチも蜜蜂と同じように分蜂するのかどうか曖昧だったので調べてみました。
次の女王蜂が巣を出て行く時に雄蜂が交尾のために追いかけるようですが、これは分蜂とは言わない感じです。今の時期、次の女王蜂候補が誕生するらしく、集団が神経質になっている時のようです。注意しましょう。

by cn1398 | 2011-09-07 18:49  

<< 2011年9月活動記録 2011年9月活動記録 >>