人気ブログランキング |

2012年1月活動記録

<1月17日(火)>桜の森372  炭焼用材集結、きのこ講座、炭焼講座、炭切
9時30分~15時
 今年、最初の作業日、朝着くと、焚火が始まり七輪に炭火が熾されていました。ゲートに飾った門松、小屋・炭窯・薪場の注連縄がくべられ、どんど祭となりました。参加者25名でした。
b0129962_1840537.jpg
b0129962_18292737.jpg
b0129962_18305442.jpg 次の活動日には炭窯に火を入れ、いよいよ始まります。未体験の会員に炭焼概論の講義をしました。↑


 ←こちらは、林業技術センターからきのこの権威をお招きして、ホンシメジを中心としたきのこ講座です。


b0129962_18312774.jpg
 我流でやっている、ナメコとヒラタケを見てもらいました。
OKだけれど、杉林が半分になり、風通しが良くなり、乾燥する危険性が強いと指摘され、もう一筋内側の流れに移すことにしました。





b0129962_183335.jpg
 本番のホンシメジの植菌実習です。
”ホン”とつくのは、販売されているシメジの殆どが言わばモドキだからだそうです。味も全く違うとのこと。
シメジはシイタケやナメコ、ヒラタケの植菌とは全く違う方法でした。



b0129962_18334746.jpg
 シイタケ、ナメコ、ヒラタケ等がホダギをエサにするのに対して
マツタケと同じでホンシメジは木と共生するのだそうで、根を掘り出して、菌床と根を結びつけます。







b0129962_18342220.jpg この状態で菌床の袋の中に根が張ってくると成功だということです。
 コナラでは成功、クヌギでも大丈夫だと思うということで、私たちはクヌギの根と結びつけることにし、今日は台場クヌギの根を使いました。3月に本格的に取り組むことでお願いしました。
美味いシメジが存分に食べられるようになればいいな・・

 第1回の炭焼き用材の集結作業に拍車がかかっています。
b0129962_18362212.jpg
 これでは↓不足です。上木も全く揃っていません。次回23日(月)有志活動日で勝負です。
b0129962_18364249.jpg
 こちらは、2回目以降の用材です。集結準備を始めています。
b0129962_18365820.jpg
 今日、入会のTmiさんも一緒になって炭切です。
5日の毎日新聞夕刊の記事は、大きかったせいか、これまでの新聞記事とは比較にならないほどの反応がありました。入会含みの見学希望者3名、炭の注文5名。この炭の注文が面白い。お茶炭は1件だけで、他は火鉢用の注文。時節を反映しているのでしょう。節電のため火鉢を出して、ホームセンターで買った炭を使った・・・変な臭いがする、煙が出る・・・まともな炭はどこで買えるのか困っていた・・・ところへ今回の記事。茶道で使う炭なら・・・でも高いだろうな…と思いながら電話…というような感じですね。  明日、宅急便で送ります!
b0129962_18382796.jpg
  久しぶりに5号線手前まで上がってきました。"長老”から下を見るのも久しぶり。
b0129962_1840019.jpg
b0129962_7414828.jpg
驚きです、こんなに大きく明るく開けていたとは・・下から見るのとは大違いです。

←こちらは、08年7月
”長老”の救出作業の状況です。 様変わりです。


↓ 落ち葉が絨毯のよう・・・サクサクと歩いていて癒されます。4号線です。

b0129962_18401855.jpg
b0129962_18424333.jpg作業終了後のおやつは焼芋。
この薩摩芋は大当たりでした。

 ところで、私たちが焼いた菊炭が世界数十ケ国の人にプレゼントされることになりました。
里山に関して(23日から3日間、東京で開催される)国際会議で人博の I さんが黒川の報告として
日本の伝統文化、日本人の感性、市民活動のレベルの高さについて講演され、出席者にお土産としてプレゼントされるそうです。
お買い上げ頂けるということなので、綺麗に洗い乾燥させてお届けし、法外な代価を請求しようと思います。
b0129962_18433238.jpg
 

by cn1398 | 2012-01-17 18:21 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 2012年1月活動記録 2012年 1月 活動記録 >>