2012年2月活動記録

<2月11日(土)>桜の森  炭焼体験会(第3回炭焼)・里山整備体験会
8時~18時
 今日は里山整備体験5名。炭焼体験10名、緑の少年団6名、会員21名、総数42名での活動になりました。この大人数でありながら、第3回炭焼作業は順調に流れて行きました。
体験会参加者の動きがとても良かったのが最大の要因だと思います。
 そして! 窯を開けて、覗き込んだ時、一瞬「エッ~!?なんだ!これは」と心の中で叫び声が出ました。これまで、窯を開けて、最初に目に飛び込んでくるのは白い灰の山でした。
それが普通だと思っていました。ところが、今回は棒炭が見えるではないですか。
「焼けなかった?しかし、黒い」そんな思いが走りました。
b0129962_6541186.jpg
 体験会参加者が主力で炭出しです。
b0129962_6565492.jpg
 白い灰も見えますが、総じて、素晴らしいデキです。収量もきわめて多い。
b0129962_655155.jpg
 砕け炭は10袋しかない。いつもは、もっと多いのに・・だから、作業がとても楽でした。
b0129962_656681.jpg
 炭出終了後、参加者に順に窯の中に入り、構造を見てもらい、直ちに木入れの開始です。点火目標は11時。木入れも体験会参加者主力。
b0129962_7251551.jpg
b0129962_7253575.jpg
b0129962_7255961.jpg
 点火11時の目標達成!大勢でごそごそしながら、素晴らし!
 メン塗目標17時…そのためにはヌカ火を出さないこと・・・

緑のヘルメットの山下さん、最後まで焚口で頑張られました。
「今日はいっぱい遊べて良かったね」と奥さんに言われながら・・


b0129962_7262270.jpg 16時30分
出さない予定のヌカ火。出てしまいました。それも、かなりしつこく。
 これで、3回とも・・
2回目は軽かったけれど、1回目と3回目はキツイものでした。
 こうなると、何か根本的な原因がある?
原木の長さ、昨年は90cm。今年は勘違いして1m。10cm分、上木の燃焼スペースが小さくなっている。 炭は良い炭が焼けたけれど、ヌカ火がでると帰りが暗くなり・・、避けたい。
b0129962_7264571.jpg
 焚口の火を引いてもヌカ火は止まらず、煉瓦を積むことに・・・。
ヌカ火にゴメンナサイと頭を低くして、三分の二まで積み、そのままの状況で焚き続けました。




18時、発電機は片づけてしまっていて、ヘッドランプ2個だけでのメン塗。夫妻は最後まで付き合って下さいました。
b0129962_727330.jpg
 昼食風景です。風もなく助かりました。「野外での昼食、想定していましたか?」と尋ねると「こういうの好きです」と優しい返事いただきました。
b0129962_7302421.jpg
 こちらは、里山整備体験参加者。道具は刈込鋏、鎌、鋸、剪定バサミの四つ。
b0129962_7314090.jpg
 体験の内容は、半世紀放置されていた、里山整備。藪の中には蔓に絡まれたエドヒガンもあります。
b0129962_7323495.jpg
 背丈3mの笹に挑戦です。
b0129962_733291.jpg
b0129962_7333127.jpg
 体験者の整備により、長老がさらにゆったりと見えるようになりました。喜んでいるよう・・
b0129962_1913577.jpg
 3時のおやつは焼芋。炭窯前では熾きをドラム缶に入れて焼いています。
b0129962_734616.jpg

炭焼のメン塗が17時にできず、暗くなった他は怪我もなく予定の内容を無事終了しました。
アンケートでは概ね好評。新会員の獲得には至らなかったですが、里山のこと、クヌギのこと、菊炭のこと、理解して頂けたようです。4月の桜に時に、是非、遊びに来てください。

by cn1398 | 2012-02-10 20:08  

<< 2012年2月活動記録 2012年2月活動記録 >>