2008年4月活動記録

<4月22日(火)>桜の森133  コナラ玉切薪材集結
9時30分~15時
 連日の晴天続きで、シッカリ汗をかきながらの作業でした。Njoさんが久し振りに元気な顔を見せてくれ、昼食にはKsaさんがこの森の食材を集め天ぷらを揚げてくれました。
タカノツメ、コシアブラ、リョウブ、ワラビ、ノビルなどです。
b0129962_17133191.jpg


<4月21日(月)>桜の森132  コナラ玉切、クドサシ
9時~16時30分
b0129962_1892216.jpg 万一のことを思い、10時集合にしていましたが、9時に来てみました。
この煙です。青くなり最終段階に来てはいますが、クドサシは昼過ぎになる模様です。
今日はMtoさんと、ブログを見てジローさんが参加してくれました。
クドサシのタイミングが来るまで、先日伐倒したコナラの玉切をすることにしました。
3台のチェンソーで、午前中一杯で何とか通行止めになっていた2号線が開通しました。

b0129962_18173830.jpg
 13時になっても依然煙は絶えません。最初の点火後74時間。これまでの最長記録です。
  なお1号線の奥のコナラの処理をしながら待つことにしました。
1号線奥の1番咲きのエドヒガンです。これは正常な樹形とは言えませんよね。放置林の中で夥しい数の蔓に絡まれ、やっとの思いで生きていたのでしょう。蔓を切ってやっただけですが、息を吹き返しているように思えます。昨年も今年も1番に開花しました。
b0129962_18321429.jpg
b0129962_18364484.jpg ヤマザクラを取り囲んでいたコナラを1月に2本伐倒し、処理半ばで置いていた物です。急斜面での緊張する作業です。
 結局、クドサシは16時に実施。お蔭で待つ間に大いなる成果を挙げたけれども、その分、身体もシッカリ使いました。
 この炭を出す作業が残っていますが、取敢えずは今シーズンの炭焼は終了です。
今晩は、ゆるりと晩酌を過ごそうと思います。


<4月20日(日)>桜の森131  クドサシ予定→窯周り整理整頓
9時~13時
 下ばかり見て作業をしている間に山は大きく変化しました。緑が青空に映えています。
 (拡大して見たい写真が有ったなら、画像をクリックしてみて下さい。運が良ければ拡大するでしょう。)
b0129962_16333621.jpg
 エドヒガンも若葉でいっぱい。
b0129962_1635082.jpg
b0129962_16355863.jpg
 ランドマークの方はどうかと見に行くと・・・
面白いですね。
下の枝には若葉が沢山出ているのに、上の枝では、花の名残が残っています。
 昨年、ヤマザクラと一緒に満開になっていただけあって、のんびりしています。
それにしても強いですね~。雨にも負けず・・・と言ったところです。
この樹は長生きしそうですね。



b0129962_1648161.jpg
 今年2月に伐倒したクヌギの大木を点検してみました。
凄いですね~。
もう出ていました。新芽です。
 樹齢50年は超えていると思える老木でも、見事に萌芽再生する。
種の保存力の強さには驚きます。
若木が旺盛に二酸化炭素を吸収してくれるでしょう。



b0129962_1815025.jpg 先日、サクラ救出作戦上、蔓とヒサカキについて写真を掲載しました。
今日は、もう一つの例を紹介します。
 左の写真で見ると、沢山の樹が一箇所にまとまって林立しています。
その中央に居るのがエドヒガンです。
エドヒガンを救うためには、周りの樹(この写真の場合、殆どエノキ)を伐倒することになります。
この森は長い間、放置されたこともあり、狭い範囲に沢山の樹が密生しているため、生存競争は主として“背比べ”になり、途中、枝を出すことなく上に上にと伸び、伐倒するにも樹高が高く、困難が重なります。 
 今日はクドサシのタイミングを見る為に来ました。予想は今夜半だろうと思い、久し振りに、昼間は1人でのんびりしようと弁当持参で・・。
ですから、今日のここまでの報告活動は予定の行動です。
 もう1人、違った予定の行動者が私より先に来ていました。Mtoさんです。
昨日、帰り間際に「朝、煙を見てから電話するから」「了解」と言うやりとりがあったので、来てるとは思いませんでした。
b0129962_17354882.jpg Mtoさんの予定の行動は?窯周辺の整理整頓でした。
午前中一杯で見違えるように綺麗になりました。
私が手伝ったのは、ホンノチョッピリ。
まさに脱帽です。感謝!感謝です。




b0129962_17384924.jpg
b0129962_17473359.jpg
 そして、クドサシのタイミングは?
今日10時30分の煙道口の煙です。
未だ、青くもならず、喉も刺します。
これは、明日!と決め、


 空気穴に小石1個。帰り間際にさらに1個を入れました。


b0129962_17514538.jpg二人で、昼食をとっている時、チョット嬉しいことがありました。
牧の台小学校の学習時に記憶に残り(名前も覚えていた)女の子が両親と弟を案内して公民館ルートをやって来ました。
「よく来れたね~」「サクラはね~、少し遅かったな~」
など、両親とも暫く話しました。
エドヒガンの芽に目を丸くしていました。
ヒサカキを伐ったことが1番楽しかったそうです。
明日は10時に集合と言うことにしました。


<4月19日(土)>桜の森130 再点火
10時~13時30分
 今朝9時前に窯を見に行きました。火が消えている。ヌカ火が出ると消える宿命になっているのでしょうかね~。
 今日は緑の少年団の活動日、集合場所へこの足で行くつもりで居ました。近くのメンバーに電話しましたが、都合がつかない。仕方なく、Mtoさんに連絡。
来てくれることになり、私も一旦自宅へ着替えに。緑の少年団には午後から参加すると連絡。
 窯前に、再点火に必要な物を準備し、尼崎から駆け付けてくるMtoさんを待ちます。
作業の全てを、体験してもらうことにしました。レンガを上3段だけ開け、再点火。すぐに着火しましたが、ダラダラした燃え方。メンヌリをする気になるまで2時間30分。13時20分にメンヌリ完了しました。今シーズン、スカッとした気分で焼けたのは昨日炭出しをした、第6回目だけになりました。b0129962_1551959.jpg


 緑の少年団には終了間際に合流。先月に引き続き2回連続、炭焼が原因で役に立てず、申し訳ないことをしました。

 帰宅し、植木鉢を覗きに行くと、オ~ッ!元気付けてくれるかのように、冷蔵庫越冬組が一つ芽を出していました。





<4月18日(金)>桜の森129 第6回炭出し・最終お楽しみ木入れ
8時30分~17時
 連日の雨により、ヤマザクラは満開の姿を見せずに葉桜へと過ぎて行きました。
山笑うと言うけれど、もう少し笑わずに居て欲しかったですね。
次のヤマザクラの仲間、カスミザクラの登場までやや時間が必要です。
カスミザクラは数少なく、未だ私達もその所在位置を1本しか確認出来ていず、救いの手も届いて居ません。どのように花開いてくれるか楽しみです。  今日、17時頃の桜の森です。
b0129962_202126.jpg
 第6回目の炭出しの結果は・・・最高! これなら、胸を張って何処へでも出せます。
 量の多さ、白い灰が全くついていない完璧な焼き上がり、文句なしです。
b0129962_20351669.jpg

 最終窯は皆でワイワイと楽しい窯にしようということで、色んな物を入れました。結果は如何に・・・楽しみは梅雨明けまでお預けです。 
b0129962_21192984.jpgb0129962_21195376.jpg












b0129962_21251957.jpgb0129962_21254714.jpg








 名前を聞いたけれど忘れました。外国のマツボックリです・・・

b0129962_2129504.jpg 

 窯の中央部分、短めの立木の上に乗せ、太目の上げ木でガードするように入れました。
竹は、そのまま置いてあります。















b0129962_20281217.jpg
 
 11時10分、Ksaさんにより最終窯の
点火がされました。



 今シーズン最後の炭焼の煙が桜の森に棚引きます。


b0129962_20425835.jpg
b0129962_20465082.jpg 

 今年は何度もヌカ火が出、火が消え、悩まされました。
 途中から苦肉の策として、煙道側への“引く”力の強化になればとブリキ板を丸めた煙突が功を奏し、順調に進みました。
今日も安心して燃していました。




油断大敵。点火後5時間、メンヌリの準備を始めた直後、ヌカ火です。b0129962_20533325.jpgb0129962_2054240.jpg













b0129962_2113733.jpg 

 人間、“慣れ”と言うのは怖いですね。
シーズン初めは、ヌカ火が出れば恐ろしく
ただ見つめているだけでしたが、今日は火を引き、姿勢を低くレンガを積み、やがて火を鎮めメンヌリを完了してしまいました。
 
 クドサシが前回のように翌々日(20日)の日中に来ると良いのですが・・・。

   
メンヌリを待つ間に3号線沿いで、風倒木になる恐れのあるコナラ数本を伐倒しました。
整理出来ていないので2号線の途中から通行止めになっています。
コナラも萌芽再生するから樹が若返るとともに、土砂を固定する力は変わりません。
b0129962_657442.jpg

<4月15日(火)>桜の森128 薪用材整理・炭整理
9時30分~15時30分
 桜の森の主役がエドヒガンからヤマザクラに移りました。(拡大します)
b0129962_17501548.jpg
 エドヒガンは子供のソメイヨシノと同じで、花が咲き終わった後から葉が出てきます。
ヤマザクラ↓は花と赤味を帯びた葉とが同時に開きます。
b0129962_17564284.jpg
 エドヒガンが明るい緑の葉をつけ始め、赤い葉をつけたヤマザクラが開き・・・嬉しいことに 今年はコバノミツバツツジが花を咲かせました。(昨年は咲いていても笹に取り囲まれ気が付かなかったのかも知れません) 台場仕立てにしたクヌギが未だ昨年の葉をつけていて、独特の彩を加えています。華やいだ風景が炭焼窯のすぐ上に広がっています。
b0129962_18461963.jpg
 今日は気温が上がるなか、汗をシッカリ掻いて薪用材の集結と、炭の整理をやり終えました。会の運営資金を叩きだす大事な作業です。
b0129962_18142553.jpg
b0129962_181453100.jpg
b0129962_18151856.jpg

<4月11日(金)>桜の森127  結果・・ネット観桜会
 10時~14時
 私が桜の森にいる4時間の間に4組60名の来訪者があり、肝心の歩む会のメンバーには「いらっしゃい」と迎え、「何のお構いも出来なくて・・」とお見送りしただけになりました。
 今日は、ランドマークツリーを中心にネット上で皆さんをお花見に招待します。今日の桜の写真は画像をクリックすれば、殆どが拡大します。
まずは、何時もの全景です。日毎の変化はご自分で感じ取ってください。
b0129962_16152314.jpg
 ここからランドマークツリーの写真を並べます。昨日の雨で、かなり花弁を散らしました。
葉も出てきています。そろそろ終わりですね。
b0129962_16202220.jpg
b0129962_16204225.jpg
b0129962_16211070.jpg
b0129962_16212874.jpg
b0129962_16214525.jpg
b0129962_16232846.jpg 

 
 ピントがシッカリ合っていなくて申しわけありません。
私の腕とカメラの限界です。

気のせいか、昨年より花の数が多いと思いませんか?
桜の園側から見ると、正面から見たスマートさと異なり、迫力を感じますね。
この樹は千年以上生きて名物桜に育って貰いたいですね。
千の風になって見届けましょう。






桜の森は国道から見る全景が人に吉野の桜を思わせる力を持っていますが、山から国道へ向かって見る桜も風情があって良いものですよ。これは3号線から国道方向を見た写真です。
b0129962_1636531.jpg
 今日の最大会派46名のグリーンハイツ・スポクラ・ウォーキングの皆さんです。
フルコースでなくランドマークから上に上がる短縮コースをとりました。
b0129962_16452681.jpg
 
 他に地元・黒川のグループの方もお土産まで用意してこられ、「私は初めて・・」と言う方もありました。いえ、殆どの方が初めてだと思います。人の侵入を拒否していた森ですから。

<4月10日(木)>神戸新聞朝刊(桜の森報道) 
 サクラが開花し始めてから、上の国道には何時も何台かの車が停車し、写真を撮る人の姿も見受けます。
昨日、国道の急な法面を三脚を担いで降りる人を見かけました。取材を受けた神戸新聞の記者だったことが、この写真を見て分かりました。今日の神戸新聞の朝刊です。敬意を表し、売店で求めて来ました。
さすがプロです。この角度で撮れば、さらに凄みが増しますね。しかし、実感からは少し離れるけれど・・(画像クリックで拡大します)
b0129962_9102761.jpg


<4月10日>エドヒガン発芽のその後
 4月2日に発芽が始り、今では45になりました。冷蔵庫での越冬組は依然として1つだけ。
そろそろ、養分が必要だろうと思い大き目のビニールポットに植え替え作業をしました。
b0129962_166865.jpg
 ①ビニールポットに鉢底石を入れ ②培養土を少し入れ ③配合肥料をチョッピリのせ 
 ④育苗ポットを少し破いていれ ⑤さらに培養土を入れて ⑥移植完了 
 途中から雨がパラツイテ来たので、今日はここまで。
b0129962_16162822.jpg
 4月12日(土)作業のつづき
b0129962_12114771.jpg
b0129962_12125974.jpg



 作業をしていて、どんな根か知りたくなりました。



 直根型でした。


















b0129962_16212749.jpg  
おまけ・・・

2005年10月に植えたクヌギのどんぐり、ここまで成長しました。

我が家で3度冬を越し、今年も新しい葉をだしました。
現在、13本あります。

肥料は少しやっているのですが、小さなビニールポットのせいでしょうね、大して大きくなりません。

桜の森に・・と思うのですが、この背丈ではかなり面倒を見てやらなければダメでしょうね。



このクヌギから考え、エドヒガンが桜の森に帰してやれるほど大きくなるには何年かかるでしょうね。


 
<4月9日(水)>桜の森126 クドサシ・創造窯準備・薪調整・来訪者応対
9時30分~16時
 9日夜半から雨になり、10日は終日降るとの天気予報。9日は悩ましく長い1日になるな~と昨晩から多少憂鬱になっていました。
21時頃迄にクドサシのタイミングが来そうであれば、発電機を動かして頑張り、泊まりは避けようと心に決め、出勤?しました。雨音激しい小屋での泊まりは嫌ですからね・・・。
 まずは今日の桜の森全景です。  どう、変化して来たか分かりますか?
b0129962_1863892.jpg
b0129962_1894199.jpg 



 国道からの降り口には、何時ものように活動中ののぼりを立てます。







b0129962_18123220.jpg
 何をおいても、煙道口のチェツクに駆け上りました。


 「ヤッター!!」 です。
9時20分の煙道口の状況です。

憂鬱も悩ましさも全部吹っ飛んでしまいました。
「アリガタイ!今日は早く帰れる」

 しかし、メンヌリ後、約45時間(点火後50時間)でこの煙の段階までに達するとは驚きです。
何がどう?作用したのでしょうね。

この煙のお蔭で朝から晴々とした気持ちで過ごせる1日になりました。



b0129962_1825834.jpg
 結局、クドサシは13時30分に実行しました。

マッチは「さ~ん、し~」で発火しました。






18日の窯入れの準備の為に山に木を集めに入り、桜の救出は、まだまだ此れからだという状況を撮影しました。
  エドヒガンに蔓が絡みっぱなしです。        こちらはヤマザクラです。b0129962_18313132.jpgb0129962_1832282.jpg


















b0129962_18355616.jpg 



 蔓だけではありません。

ヒサカキに取り囲まれて、上の方で辛うじて枝を出しているヤマザクラです。

助からないかも知れません。








 今日は、来訪者の多い日でした。昼食のおつゆ変わりに即席ラーメンにお湯を入れたところへ神戸新聞の取材でした。13時過ぎに、シッカリ量が増えたのを頂きました。
 午後、クドサシを終えたところへ、県民局長、林業課長の視察?がありました。
沢山の来訪者を迎えるにはシッカリしたトイレが必要であること。山の中に設置するに相応しいトイレの研究ならびに設置をお願いしました。 よろしく!お願いします!
 b0129962_18501357.jpg



 一般市民の来訪者も気が付いたもので4組10人は居られたでしょう。


良い風景です。ランドマークツリーも多くの人達に見つめられ綺麗になって行くでしょう。



<4月7日(月)>桜の森125 第5回炭だし・第6回木入れ・懇親会
9時~17時、17時30分~?
 8日朝の様子です。7日の気温が低かったからでしょう、あまり変化がありません。
窯は順調に煙を噴出していました。小石1個を入れました。
b0129962_10475482.jpg
b0129962_10532132.jpg

 7日は冷たい雨が降り、炭焼をしながら、熾火で暖をとるほど気温が下がりました。
 桜の開花も一休みでしょう。






b0129962_1059196.jpg
 点火4時間30分経過、そろそろメンヌリのタイミングが近づいています。
サクラが煙に包まれ、煙たい思いをしているようです。
今日は18日にそえて、全てをMtoさん中心で進めてもらいました。私がやるより上手く行き、「17時位には出発したいね」と言っていたのが、17時には、もう車に乗っていました。
b0129962_1195667.jpg
 恒例の炭焼後の温泉宿泊懇親会です。

 予定より早く着いたので、露天風呂と行ったり来たりしながら、ゆっくりとお湯につかれました。

 ボタンちゃんこ鍋とやらです。



b0129962_11101241.jpg


 宴たけなわです。








b0129962_11112938.jpg


 バッグに忍ばせてあった物が部屋のテーブルに広がり、何やら大笑いしています。
何時に終了したのか、私は知りません。






<4月6日(日)>桜の森124  家族・知人招待観桜会
10時~15時
 途中、気を揉んだ天気、心配も何処吹く風、終日晴天に恵まれ・・・・・と前もって決め込んで迎えた今日の桜の森。画像をクリック、拡大してご覧下さい。
b0129962_1782813.jpg
 今、花を咲かせているのは、全てエドヒガンです。兵庫県では絶滅が危惧されているなんてホント・・?と言いたくなりますね。赤くなっているのはヤマザクラです。ヤマザクラが開くと花の数は一気に2倍になるでしょう。
b0129962_17133942.jpg
 朝から見物の車が止まり始めました。記念写真も撮っておられます。
b0129962_1854419.jpg


 お客様をお迎えする桜咲く風景の中のゲートです。







 花より、何とか?ではないですが、野外食堂は家族・知人で超満員。約30名が一堂に会しました。
b0129962_17265148.jpg
 メインは周辺で採集した野草類の天ぷら。  ツバキの花弁やタンポポも有りましたよ。
b0129962_17333351.jpg
b0129962_17374321.jpg 炭火焼きも好評でした。b0129962_17372694.jpg











b0129962_17422818.jpg
 腹ごなしに、Ksaさんのガイドで森の散策です。  一般の来客も加わっていますね。
 桜の森もかなり知られてきたようです。  Ktaさんは親子三代で参加です。
b0129962_1746425.jpg
b0129962_18581322.jpg


 ランドマークツリーも上から見ると結構、花を開いています。




 今日は、良い日でした。

by cn1398 | 2008-04-02 15:20  

<< 2008年5月活動記録