2008年10月活動記録

<10月28日(火)>桜の森165  里山まつり準備
9時30分~15時30分
 久し振りに気持ち良く晴れた活動日であったように思えました。
参加者も多く、遅れ遅れになっていた里山まつりの準備を一気にやってしまいました。
 大筋は昨年に準じますが、今年はさらに、エドヒガンの悉皆調査の結果報告及び調査後の具体的なエドヒガン救出作業の状況報告の二つを加えます。
 午前中は、当日の分担を決め、ガイドするルートを担当全員で歩いてみました。
三角点まで現況を確認に行ったメンバーもいます。結果、5号線への立ち入りは禁止、案内は3号線終点までとすることに決めました。
 会場レイアウトは昨年の混雑状況を勘案して、“野外食堂"を別途分離し新たに“森の教室”を設けることにしました。 ↓ 森の教室です。
b0129962_187445.jpg
b0129962_1881770.jpg 
 これまでの“野外食堂”を“森の教室”に変更です。
 小屋の南側のベンチを強化し、カマドを移動、野外食堂として確立しました。
 これにより、昨年のように、安倍川、善哉などをサービスしている横で説明をするという騒々しさがなくなります。


 野外食堂のベンチ増設                カマドの移設         b0129962_18201289.jpgb0129962_18204143.jpg









 


b0129962_18333225.jpg

 エドヒガンの調査を“県立人と自然の博物館”と共同で実施した縁で、調査報告を立派なポスターにまとめて貰いました。
それを掲示するパネルの製作です。

調査報告まとめの
ポスターの内容吟味です。↓

b0129962_20185963.jpg
 昼には、トムソーヤ企画コンテスト参加賞のチキンラーメンがおつゆ代わりに振舞われました。
 牧小里山体験学習の打上げ?
b0129962_1838549.jpgb0129962_18392165.jpg








   
   博物館からの頂き物もあり、沢山のおやつ。大勢が良いですね、こういう時を過ごすのは。
b0129962_18395739.jpgb0129962_18402499.jpg











<10月24日(金)>桜の森164  国際ソロプチミスト川西役員視察、薪納品
9時30分~14時
 今日は、「少々の雨でも伺いたい」と元気の良い女史6名ご一行を桜の森にお迎えしました。国際ソロプチミスト川西の役員の皆さまです。ネットで調べてみると、「女性事業家と知識人の世界的連帯と地域への奉仕を目的とした団体」ということでした。
 電話連絡があった時には、物珍しさで見学に来られるのかなと思いましたが、「7月10日の新聞記事で紹介された活動が大変立派なものですから、会として支援を検討することになったので、現地を見たい」と、大変ありがたいお話でした。
新聞で取り上げられると、こういうメリットもあるのか~。見ていてくれる人が何処かにいらっしゃるんだなと感謝の気持ちでお迎えしました。
「小雨でも行きたい」と予定5名がさらに6名に増えてお越しになりました。平均年齢65は超えている我々と、良い勝負という方々がですよ。
b0129962_1749383.jpg

b0129962_17544917.jpg
 国道から桜の森全体を説明後、作業小屋前のベンチで早速“ヒヤリング”です。
熱心に質問が出ます。
「やっぱり、面接試験だったな」と思ったのは間違いで、菊炭友の会への支援を本部にOKさせる為に必要な情報を収集しようとされているのでした。
これまで受けた支援は、こちらから膨大な申請書を出して審査、その後支援というものでした。今回はお眼鏡に適えば申請など面倒なことは一切、今日のメンバーでして頂けるという夢のような話です。
b0129962_18193133.jpg
  ヒヤリング後、早速現地視察です。里山再生活動全般を説明しながら1号線から2号線を歩き、桜救出事例として、救出後の“ランドマークツリー”と救出途上の“長老”を見て頂きました。この二つの事例は大変説得力がある為多くを語らずとも、何方にも即座に理解して頂けます。
b0129962_18322757.jpg
  昼食会です。
今朝8時に電話連絡をとって訪問につき最終決定をしようということになっていました。
ネットで雨雲の流れを見て大丈夫と判断出来たので「弁当をお持ちになり山で召し上がりませんか」と要職につき、日頃忙しい方々の気分転換になるだろうと誘ってみました。
「そうします」ということで、コンビニ弁当を予想したのですが、結果、8時過ぎに飯を炊き、6名分のバラ寿司をつくり、約束の10時30分にはピタリと到着という凄い方がおられました。
こちらにも、具沢山の豚汁ですばやく対応出来る自慢の方がいて、お陰で、お互いのメンバー和やかな昼食会になりました。
b0129962_18531480.jpg
  エドヒガンの苗床を見学、全員で駐車場までエスコート、気持ちよくお帰り頂けました。
「4月10日には絶対来ますね」と言いながら・・・。
b0129962_18571110.jpg
  その後、キャンプ場に連絡、注文を頂いた薪60束に配達出来なかったお詫び2束をプラス、トラックで取りにきて頂きました。
 その後は、里山まつりのことを少し話し、最終28日に話し合うことで、今日は解散です。
 
 桜の森の紅葉が始まりました。
分かるでしょうか。少し赤味がかかって来ているのがサクラです。
b0129962_22424831.jpg



<10月22日(水)>牧の台小学校  体験学習最終まとめ(有志)
13時30分~14時30分
 今年の牧小体験学習は、よくよく雨に縁があります。今日も開催時間には降り始めました。
これまでの3回を通じてまとめの質問に答えることと、児童がマイ・ドングリとして、各自の植木鉢でクヌギを育てる方法の指導に出かけました。有志4名です。
b0129962_1622792.jpg
b0129962_163133.jpg 校庭で全員が植える予定を、急遽、屋内で見本を見せるにとどめました。
 質問は連続し途切れません。
炭焼きに集中、それも窯のこと、火を焚くことで炭そのものに関する質問は無しです。
最初の質問に連鎖反応的に出て来ている感じです。
炭焼き以外には、桜の森にいる昆虫の数は?樹の種類は?何故、森の整備をしようと思ったのか?人はどうやって集めたのか?の4っだけでした。
 一人の質問への答えが終わるか終らないうちに、次の質問の手が沢山あがります。これは質問でなくゲームだな。
担任からアドバイス「打ち切らないと何時までも続きます」
感心したというか、何と言っていいか、全くピント外れの質問?がないことでした。
人懐こく、帰り間際まで取り囲まれ色々話しかけて来ました。元気でがんばれ!また、会おう。



<10月21日(火)>桜の森164  キャンプ場納品用 薪調整(有志)
9時~14時
 昨日、薪調整委員のKtaさんが、キャンプ場納品用の薪割り要員を募集していました。
その時の雰囲気で、3名参加確定、+2名だなと読みました。
 注文は50束だからほぼ1日仕事と判断。昨日のシイタケのお礼に行くついでに写真を撮りに寄りました。私は写真を撮るだけで作業はしていません。(断らなくってもワカルカ・・・)
b0129962_15593878.jpg
b0129962_1615995.jpg 昼過ぎに行くと、予想通り5名。すでに割り終え束ねているところ、それも、そろそろ終わりに近づいていました。
この谷は、音が良く響きます。降りてくる途中、ズ~ト笑い声が聞こえていました。気の合った仲間が楽しく作業出来たようです。ほぼ半日で、60束+2束完了です。b0129962_16142756.jpg

 炭焼窯の上の方に黄色い実?を沢山着けた樹が2本あります。
 よく見ると、どうも柿の木のようです。
 甘いのかな~

 写真はピンボケで分かりにくいですね。





<10月20日(月)>桜の森163  牧の台小学校 第3回里山体験学習
8時30分~15時30分
 雨で思うように準備が進まず、本番の14日も雨で流れた第3回体験学習、今日は天気にも恵まれ、滞りなく?終了しました。
 参加者:3年児童82名。保護者:13名。教師:4名。緑の少年団:1名。
 菊炭友の会:16名。  合計:116名でのイベントでした。
b0129962_17584620.jpg

b0129962_17591049.jpg<森の観察とどんぐり拾い>
植物に深い愛情を注いだKsaさんの説明に児童も聞き入っていました。
 どんぐり拾いが時期的に思うように行かず、少しガッカリさせたけれど、標本の説明と、バケツに沢山のどんぐりをプレゼントされ大喜び。
b0129962_18143364.jpg
    用意周到のMtoさんの説明にKwaさんの補佐で<炭焼き学習>
b0129962_1818365.jpg
b0129962_18211669.jpg


 炭の標本。
 備長炭、菊炭そして一般炭。





b0129962_18214076.jpg


お茶炭。

 







b0129962_18245378.jpg

炭窯の中での説明。









b0129962_18262881.jpg
b0129962_18363739.jpg

 <ヒサカキの除伐実習> ↑ ↓

 ←児童7名に、2名の指導員が付きます。
  鋸は初めての子が多かったですね。 





b0129962_18381322.jpg
b0129962_19581140.jpg
  シイタケ栽培見学とシイタケ狩りに先立ち、自然栽培の場を見学します。↓
b0129962_18451590.jpg
学さんから説明を受けます。<シイタケ栽培見学>
b0129962_18435353.jpg
b0129962_18455233.jpg


  <シイタケ狩り> 
今日の為に強制栽培して頂いたシイタケ。
みんな我先に採っていました。




b0129962_1852593.jpg

 炭火焼きで<シイタケ試食>もしました。
シイタケが嫌いな子が多いかなと思いましたが、
おいしい!と沢山欲しがる児童がいたらしいです。






 体験学習のプログラム終了後、後片付けに戻った桜の森へ、ヒョッコリ長老が来られました。
「今日は上手く行ったか」と労いの言葉。b0129962_65617100.jpg
 そして、自然栽培で14日は出る確約が出来ないと言われた長老のシイタケ、(雨が降っていたのに)「14日に来てみるとな~、ええのが出とってな~」
強く気にかけて頂いていたんだと心の中で感謝。
複雑な心境。14日が雨で流れたのが良かったのか悪かったのか。
 ←帰る間際に、長老から差し入れ!と沢山の黒豆。収穫したてのを頂きました。




<10月14日(火)>桜の森162  牧小体験学習 雨のため延期
8時30分~13時?
 今日の雨はイタイッ!
 準備を進めて頂いたシイタケ、今西さんに大変な迷惑をかけてしまいました。
 「ええよ、今度は20日やな」と気持ちよく了承頂けましたが、今日に合わせた凡そ10kgは
一両日中に処分し、20日用には再度、準備し直しだそうです。
 申し訳ありません。よろしくお願い致します。
 最近の活動日、ず~と雨に影響されています。雨の中の作業も何回やったでしょう。
昨年の活動日が殆ど雨とは関係なかったのとは大違いです。
 20日は参加予定人員が少なく、大ピンチ。
作業小屋から携帯で今日のメンバーを中心に連絡・調整の結果、若干の出入りはありますが総員で今日を上回るスタッフが揃うことになり、一安心です。
 確定版をメールで送りますが、実施要領は14日が20日に変わるだけで、時間等は殆ど変更なしです。
 弁当、食べてから帰るという3名を残して私は11時に退散です。睡眠不足気味です。

 雨の中を少し歩いてみましたが、とても気になることが起こっています。鹿の食害です。
最初に気がついた時には「これ、鹿かな~?」「喰う物が一杯あるこの時期に、ここまでは来んやろ」という程度。毒見するように、ほんのチョッピリ齧っていました。
それが「やっぱり、鹿やな」となり、今では「これ、全部喰ってしまうつもりか」という状況です。b0129962_1411891.jpgb0129962_1413732.jpg















 丹誠したエドヒガンが来る度ごとに喰われて↑ いよいよどうしようもない段階に来ています。
長老にお願いし、苗床として借りた畑には電気柵があり、ご覧の通り↓エドヒガンが順調に育っています。先日「お陰で、助かりました」と長老に言った時「今はな・・」との返事でしたが、これさえ、危ないのかもしれません。電線1本でもっていると言ってもいいですからね・・・
b0129962_14113394.jpg
 これ↓ は小学生が植樹したクヌギです。最初はエドヒガンだけだったのが、今ではクヌギも喰 われ始めました。b0129962_14222594.jpgb0129962_14224384.jpg









  1年前に植樹したクヌギは喰われずに元気に成長しています。↓
しかし、これからは、どうか分かりませんね。

来春、若葉が出始める頃が恐ろしい。
対策を検討しなければ・・。

b0129962_14325736.jpg



 
<10月10日(金)>桜の森161  牧小体験学習・最終打合せ
9時~14時
 10月10日!大変、記憶しやすい日ですね。
 おめでとうございます!今日は、Ksaさんの結婚40周年記念日とのことです。
家族全員が今日は何の日かを覚えておられるようです。そして、Ksaさんご本人も今日は早く
帰りたくて、心なしかそわそわされていました。微笑ましい家庭です。
 えっ?それが当たり前!? 我が家が異常なんでしょうか? クシュン。

 雨にも負けず、頑張って来た最近ですが、ついに、臨時で打合せ会をせざるを得なくなり、
集合してもらいました。急なことでもあり、8名の参加にとどまりました。
集まった甲斐あり、細かいところまで決まり、私のミスも見つかりました。
最終スケジュール表です。先程、学校にも渡してきました。(クリックで拡大します)
詳細手順書は作成後メールを入れます
b0129962_17192451.jpg
  “251”と呼ぼうかと話のあった“あのサクラ”最終的に『長老』と命名することにしました。 
  了解願います。
b0129962_17343671.jpg
b0129962_17352363.jpg


 シイタケの準備も進んでいました。
←は明日にも採取しなければならない段階に来ているそうです。

14日用は上の写真ので、まだ組む前段階です。
間違いなく、沢山出て来てますね。

 自然に出るのを待てば11月になり、形も大きな物になると言います。
強制的に、10月14日に出るようにしたわけで、身は小さなものしか採れないようです。







b0129962_174793.jpg

 こんな風景にも遭遇しました。
猟期ではないのですが、多すぎるため
特別捕獲期間だそうです。





b0129962_17505637.jpg

 これもカラー写真ですよ。
お楽しみの窯での作品です。
綺麗に焼けています。
子供達も喜ぶでしょうね。






b0129962_17511420.jpg











b0129962_17583634.jpg 
  参考に窯入れ前の姿です。b0129962_17591029.jpg














<10月5日(火)>桜の森160  牧小体験学習準備(用具、足場整備、シイタケ打合)風炉用炭セット
9時30分~15時
 今日の天気予報は昨日段階では「夕方・雨」、今朝早く「午後から雨」、出かける頃「1日中雨」と変わり、すでに降っていました。
こういう時は心から出掛けたくありません。でも、牧小の準備が完了していない悲しさ、出かけました。
驚きはSakaさん、バイクで出勤。「誰も居なければ帰ればいいや」と思って来られたとか。「雨でも来る方がルール違反、無理しないで・・・雨にバイクは危険」なんて話に・・。
 朝1番でガソリンを買いに行ったJiroさんを待ちながら、14日使用の鋸10丁、剪定ばさみ30丁に提げる為の紐付け完了。
b0129962_1755341.jpg
b0129962_17552240.jpg
 「午前中は小降りだろうから、その間にやってしまおう」と子供の足では危なそうな所の整備で午前中終了。男子3名での作業です。


その間に、女性2名は風炉用の炭のセット。28セット入り5箱が出来上がりです。


参加者が5名で、栗の渋皮煮のデザート一人当たりの数の多いこと。他にケーキまで、とても腹いっぱいで食べきれません。
シマッタ~! 貰ってくれば良かった。

  これ、小屋の外ではありません。中への侵入者です。ゴーヤの繁殖力は凄いですね。b0129962_1816386.jpgb0129962_1816524.jpg













  これは、キキョウ科のツリガネニンジンと言います。
長老の畑、エドヒガンの苗床の傍で見つけました。今にも、鐘の音が聴こえてきそうな形です。雨の滴が沢山ついています。
b0129962_18195426.jpg

 桜の森での作業は午前中で切り上げ、シイタケ会場の下見をして来ました。
昼寝から覚めたImaさん、女性2名が一緒だったからでしょうか、いつになくご機嫌で対応、シイタケも見せてもらいました。小さいのが沢山出始めていましたが「これでは早過ぎ、今日あたりもう1度浸ける」とか。14日に出るよう気配りして貰えています。
 桜の森のこと、双方から色々話をしてきました。 

by cn1398 | 2008-10-05 17:00  

<< 2008年11月活動記録 2008年9月活動記録 >>