人気ブログランキング |

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

 植生調査結果

                          <2010・5・25  黒川・桜の森>
 2006年10月に笹を刈ってから約3年半が経過、今年も新たに10種増え、
合計55種になりました。                          
木本 ホオノキ 2本   クヌギ 1本   ヤマザクラ 3本  クリ 1本
    ヤマコウバシ 1本   ムラサキシキブ 2本   ヤマハゼ 2本
    ヤブムラサキ 1本
草本と実生苗(背の低いもの)
 2年前にあったもの
   ネザサ  ケネザサ  フジ  ミツバアケビ  ナワシログミ  センニンソウ
   クサイチゴ  タチツボスミレ  ナガバジャノヒゲ  アケビ  クロモジ
   アオツヅラフジ  アオキ  ボタンヅル  イボタノキ  ネムノキ  エノキ
   チヂミザサ  コナスビ  マムシグサ  ヒヨドリジョウゴ  ムラサキ二ガナ
   二ガナ  ヨモギ  ノイバラ  ヤブラン  タラノキ  サルトリイバラ  
   サンショウ  クヌギ  サネカズラ  ヤマウコギ  ガマズミ  オトコエシ
   ヤブムラサキ  ウワミズザクラ  オオアレチノギク  ゴンズイ  ヒイラギ
   ヤマコウバシ  ムラサキシキブ  (41)
初めて出たもの
   セイタカアワダチソウ  カタバミ  カキノキ  ヨウシュヤマゴボウ  
   ヘクソカズラ  ヤマハゼ  イワヒメワラビ  ナンゴクナラカシダ
   ミゾイチゴツナギ  シラスゲ    (10)
木本8種+草本51種-4種(木本とダブっているもの) = 55種
2年前にあって今回なかったもの  シロツメグサ  イノデ  ウリカエデ

by cn1398 | 2010-05-30 20:07 | 情 報 | Comments(0)  

2010年6月1日

<6月1日(火)>桜の森283  緑台小打合せ、下刈
9時30分~16時
 兵庫県の全小学校の3年生は環境体験学習のため、年4回校外で体験学習をすることになっています。それで、牧小の3年生は桜の森へ来るようになりました。
 それに加えて川西市では昨年から、全小学校の4年生が黒川で里山体験をすることになりました。その受け皿役の黒川まちづくり協議会が大変です。
 牧小は3年の時に植えたクヌギの下刈もあるので菊炭友の会で引き受けることにしました。
牧小の3年生と4年生を引き受け、準備を含めると年間活動の三分の一を費やします。日本の将来を託す子供達ですから、それくらい力を注ぎます。そして県には、これ以上受ける余地なしと申入れてあります。
しかし、担当教師の熱意に応えて、緑台小4年生の里山体験を引き受けることにしました。
3年生の時の環境体験学習として、「渓のさくらを守る会」のフィールドでエドヒガンの生育を助ける体験活動をしてきたとのことです。そのフィールドのエドヒガンは黒川の里山のエドヒガンの実を食べた鳥が種を運んで来たものだと教わったそうです。今度は、「ご先祖様がいる黒川で勉強したい。させたい」と言うのです。
断れますか?子孫がお世話になったのなら、お返しはしなければね・・・。
と言うわけで、緑台の4年生が6月と10月の2回来ることになりました。そして、その熱意溢れる教師は菊炭友の会の平均年齢も1歳下げてくれました。感謝!
 学習のノウハウは牧小で蓄積しているので、大した負担になりません。今日のミーテイングは簡単に済ませ次回、再度確認の打合せをすることとしました。
 この時期は、何はさておき下刈です。微笑み桜の下です。
b0129962_18224030.jpg
 小屋横 
b0129962_18233792.jpg
 サプリガード周辺。今年もまた笹が勢いをつけて来ました。格闘が始まります。
b0129962_18241643.jpg
     トラップにかかった女王蜂。デカイ!         一つのトラップに54匹!
 可哀想だけれど、子供たちを迎えるに当って、蝮よりこれが一番気掛り、これだけ女王を駆除 しておけば、まず大丈夫?b0129962_18244076.jpgb0129962_18245861.jpg 









 
  少し凄惨なものを見せたので、お目直し?ガマズミが花の重みに耐え兼ねるようです。
b0129962_18252618.jpg
 今日、入会希望者が一人訪ねて来られました。光風台にお住まいだそうです。
昼まで見学して行かれ、22日から参加とのことでした。
 最近、雨が降らず心配なクヌギ。バケツに6杯程度ですが水やりしながら雨乞いをしました。
3時頃にわか雨。しかし、帰宅して見て家の周りの方が沢山降ったようで、恨めしや。

by cn1398 | 2010-05-30 17:25 | Comments(0)  

2010年5月29日 「にほんの里100選」案内

<5月29日(土)>黒川・桜の森 「にほんの里100選」フットパス案内
10時~15時30分
 朝日新聞社と森林文化協会の主催で「菊炭の里 兵庫県黒川の里山を歩く」という企画が
実施されました。その案内役を依頼され、3人(KwatさんKsaさん私)で対応、Myaさんの姿が彼女の所に見えたので、彼女の話をして貰う為に飛び込んで貰いました。
  ローカルなイベントなのに事務局3名が東京から来られ応募者は33名の参加、大阪府の方が中心で、最も遠いのは姫路からの2名。
地元川西からは3名でした。
 昨年11月にも同じような企画でWtaさんと二人で対応しましたが、その時と比べて今回は若く、女性も多く、参加者同士の会話もあったり、質問もボンボン出てきて、案内し易かったです。
参加者同士の会話で「これは自分たちだけで来ても分からんかったね」と言っておられるのが聞こえました。
そうなんです。黒川はぶら~と来ても「なんで?どこが100選?」となると思います。豊岡のコウノトリだとか長谷の棚田と違って説明が有ってはじめて「そうか」となる難しさが黒川には有ります。
黒川ガイドをつくるべきだと言っているのですがね・・・。
黒川を選定した今日の主催者!貴方達の名にも関わりますよ。(脅迫してどうする)「里100選って、大したことないな」と100選の値打ちが下がります。
どうしたら良いか知恵を貸して下さい。
今日は説明に忙しく、写真が撮れていません。
b0129962_18423936.jpg

by cn1398 | 2010-05-28 17:16 | Comments(0)  

2010年5月27日 牧小3年体験学習

<5月27日(木)>桜の森282  牧の台小学校3年 環境体験学習第1回
8時30分~13時
 大雨警報で予定の25日から、今日に延期になった牧小の体験学習。朝のうち、少し雨がパラツイタけれどb0129962_17111159.jpg大勢に影響なしでした。逆に気温が下がって、子供達にはプラスになりました。
黒川の位置を体感する為に、電車と路線バスを利用して、学校からやって来ました。そして、帰りは途中、黒川公民館で昼食休憩をとったと言えども、桜の森から路線バスも使わず、
妙見口駅まで徒歩で通しました。
児童77名。教師4名。
保護者15名(うち男性2名)
迎える、菊炭友の会は16名。
何事もなくプログラム全てを予定通り終了出来ました。
                             黒川バス停を降りて・・・ここからです。
b0129962_17291463.jpg
 自分たちの住んでいる川西市大和と、
川西市黒川の違いを五感を使って観察です。


田植えの始まった棚田の中を進みます。
今年も3年生は、動くものがいれば、
テントウムシ1匹でも、そちらの方に関心が移ります。  


b0129962_17353316.jpg
b0129962_17371118.jpg




用意したクヌギの苗、53本を
児童は二人で1本、合計39本、
後は保護者の方が植樹しました。
3年間で牧小の児童が桜の森に
植えたクヌギは
約150本になりました。

b0129962_17372585.jpg




子供たちの植樹は、菊炭友の会のメンバーが見守ることとし、保護者の皆さんは、植樹地最上段、最奥でお願いしました。子供達が気になるようですね。
       ↓

b0129962_17433120.jpg
b0129962_1814197.jpg

植樹が終わるとバケツリレーで水やりです。

水源は炭焼窯の屋根に降る雨水を集めた用水桶です。





b0129962_1824774.jpg

今年も、バケツリレーは人気プログラムになりました。








b0129962_1871973.jpg
 プログラム終了後、ゲートで児童を見送り、ミーテイングをしながらの昼食。児童の微笑ましい動作・言葉が思いだされるのか、みんな優しい顔になっていました。

 私達の帰り、未だ公民館にいました。「ヘッタ~」お腹が満腹になると元気なものです。グランドではしゃぐ姿は毎年同じ(下左)。これは何のパフォーマンスでしょうか(下右)
b0129962_18134098.jpgb0129962_18142830.jpg

by cn1398 | 2010-05-26 09:36 | Comments(0)  

2010年5月25日

<5月25日(火)>桜の森281 牧小体験学習準備、コナラ玉切搬出、エドヒガン成長記録
9時30分~16時
b0129962_18222165.jpg 昨日に予定していた牧の台小学校の環境体験学習が雨のため27日に延期になりました。昨日は大雨警報が出て、休校になったとか。一日中家に籠っていたので気がつきませんでした。
 参加可能者に変動があるので再度ミーテイング。苗の確認をはじめ道具、植樹地、水やりのバケツリレー方法などの確認を実施しました。

b0129962_1823358.jpg
植樹地の仕上げ ↑

←学校から、預かったスコップ。
柄が曲がったものが沢山。
1本1本修正しています。
道具を大切にしない人は、良い仕事は出来ません。
という教育は誰がしますか?


b0129962_18335676.jpg

←コナラを玉切りし









b0129962_18341462.jpg
←薪場へ搬入します。

(下の左)期待通りトラップにスズメバチの女王がかかっています。
女王蜂1匹を駆除することは、巣を一つ処分するのと同じで、それだけ、スズメバチの危険が削減されます。
(下の右)センチコガネ・・・動物の糞に集まります。

b0129962_18403719.jpgb0129962_18404923.jpg










 定点観測地の植生調査です。午前中はメンバーだけで実施。午後、エドヒガンの調査に来られた「県立・人と自然の博物館」の研究員の力を借りて完成させました。力を借りなければならなかったのが片手位で留まったようで、なかなか優秀!です。
b0129962_18464996.jpgb0129962_1847530.jpg









 2月に植樹したエドヒガン30本全てにつき、成長記録を人博の研究員の指導を受けながら実施です。2月時点での判断と若葉が繁った今とでは、少し合わない個所もありますが、この場所で継続観察することにしました。
b0129962_18564077.jpg

b0129962_8521339.jpgホオノキの花です。
桜の森にはホオノキが沢山あります。
花も大きく、直径15cmくらいはあります。
しかし、ホオノキは背が高く、おまけに花は上向きに咲くので、花が咲いているのは分かるのですが、顔を見ることが出来ません。
昨日の、風で落ちたのでしょう。
まるで地に直接咲いているように見えました。 

by cn1398 | 2010-05-19 09:32 | Comments(0)  

2010年5月18日

<5月18(火)>桜の森280  クヌギ植樹準備、コナラ解体搬出、炭切り、薪割り                                 
                   牧小体験学習打合せ

9時30分~15時30分
 桜の森も緑で一杯。昼食のベンチから“微笑み桜”が見えません。
b0129962_1723120.jpg
 牧小の体験学習も今年で4年目になります。
 24日に今年の第1回、クヌギの植樹に77名の児童がやって来ます。
b0129962_17282994.jpg
 急ピッチで植樹地の下刈、地拵え、標識No取り付けをしています。
b0129962_17284526.jpg
b0129962_1739314.jpg
 少し上では、コナラの解体・玉切り作業が進んでいます。↓



←キャタピラ車での搬出に備えて、道の整備も実施されています。
Ktaさんは玉葱の収穫応援で故郷へ帰って留守です。

b0129962_17381460.jpg
 炭切りと、薪割りも進みました。b0129962_17481048.jpgb0129962_1748304.jpg










  2時で作業を切り上げ、牧小体験学習についてミーテイングを実施。進行方法について少し
 変更、学校への準備依頼事項も出て来ました。最終要領はメール・ファックスで送ります。

  この時期、あらゆる生物が新しい命を誕生させています。サプリガードを点検していたWta
 さんが「ソロプチミストの方が植樹されたエドヒガンについていた」と持ってきました。
 さぁ~何の幼虫でしょう。
b0129962_1843617.jpg

  ネットで見つかりました。これは“エドヒガンコブアブラムシ”の“虫こぶ”のようです。  
  ピタリの解説を見つけました。    

by cn1398 | 2010-05-15 15:09 | Comments(0)  

2010年5月11日

<5月11日(火)>桜の森279 北西ルート調査、薪割り、炭切り
9時30分~15時20分
 今日の天気予報、曇りがハズレ!一日中、ポツポツしていました。
 桜の森に猿!出没。8日、緑の少年団が桜の森を引き上げようとした13時30分頃、Myaさんがスズメバチの罠かけで微笑み桜側を歩いていて、放置林の中へ逃げ込むのを目撃したそうです。
今日、北西ルート調査隊5人が猿探索も兼ねましたが出会わなかったようです。離れ猿の通りすがりであってほしいですね。定住反対!
 今日は、先日倒したコナラの玉切りや下刈をしたかったのですが、濡れていて適当ではないということで、薪割りと炭切りに絞りました。炭が切れたのは30kg位。未だ注文に追いつきません。薪は常備在庫量を確保しました。b0129962_185192.jpgb0129962_1850233.jpg










b0129962_18514648.jpg薪用材が一つ新しい山に移ったので、乾燥度を見るために重量測定をしてみました。
8kg以下が基準。この束は7kg、合格です。この山の乾燥度も問題ないようです。

 何方か、この毛虫 ↓ ご存じないでしょうか?
クヌギについていました。
あちこちについており、若葉を食べ尽くさんばかりです。
正体不明で、可哀想でしたが火炙りの刑に処しました。

b0129962_190280.jpg

<5月16日>この種の幼虫の同定は難しいですね。
Njhoさんからのメールです。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 先日桜の森で発見されたケムシの名前ですが「カレハガ」の仲間のようです
この仲間でクヌギを食べるのは「オビカレハ」又は「クヌギカレハ」ではないかとのこと
私が所属している「池田・人と自然の会」のスタッフに問いかけてみました。
成虫(ガ)になると毒針を持つようなので注意が必要ですね
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 一方、私がネットで見つけた「不明幼虫の問合せのための画像掲示板」へ写真を掲示したところ  「サラサリンガと思います。毒はないと思います。」  と書き込みがありました。

 オビカレハ、クヌギカレハ、サラサリンガの三つをネットで調べてみました。
オビカレハとクヌギカレハは似ているようで少し違います。でも成虫は桜の森でよく見かけます。
サラサリンガは幼虫の写真では「これだな」と思いましたが、成虫の写真を見ると、「こんな鮮やかな蛾」は桜の森で見かけたことはありません。
 先日Okabさんが、「クヌギについていた毛虫にやられた。腕が腫れてようやく治ったところや」と言っておられました。それが、この毛虫だったようです。とすれば、「クヌギカレハ」と言うことになります。「オビカレハ」と「サラサリンガ」には毒性がないそうですから。
 関心のある方は、私が参考にした 「幼虫図鑑」 を見て下さい。

by cn1398 | 2010-05-10 07:04 | Comments(0)  

2010年5月2日

<5月2日(日)>桜の森278  中山整理、植樹地下刈り、炭切り
9時30分~16時
 一人の新入会員により、会員の平均年齢が1歳下がる事件?が起きました。
菊炭友の会に若く、美しく、利発そうな・・・(褒めすぎ?)イエイエほんと、娘が出来ました。
平均年齢が1歳くらい下がっても何てことは無いのですが、年代が大きく開く人達の感性に触れる機会が出来ることは大変嬉しいことです。
先月、来られた「ナシオンの森育成会」には高校生が居られるということで、年代の巾があるのを羨ましく思いました。当会は数人の例外を除き、10歳の間におさまってしまい、発想の柔軟性に欠ける恐れがあるかも・・・。
 そういう意味で期待しますよ!Hraさん。よろしくお願いします。
ブログで入会を歓迎された第1号です。
b0129962_201533.jpg
b0129962_2024646.jpg
里山は1週間で大きく変化しました。
もう、笑っていません。
常緑樹と落葉樹の緑の違いがクッキリと出ています。
この時期の自然は本当にダイナミックです。

←7年生位のクヌギも芽吹き始めました。




そして、2月に伐った台場クヌギ  
↓ 早や新芽を出し始めました。
b0129962_20115070.jpg
b0129962_20165552.jpg
b0129962_20174980.jpg中山の整理、今日で終了しました。
「不要木有れば欲しい」という地元の人の要望に応え、搬出しやすいようにまとめて置きました。


 今シーズン最初の炭切りです。
 炭が焼き上がる頃を見計らってでしょうか。注文が溜まっています。
 シーズン初めで調子が出ません。2件の注文分を整えました。
b0129962_20284026.jpg
b0129962_20383989.jpg

今年2回目で最後の山菜天ぷら昼食会です。

コシアブラもタラノメも終了です。




b0129962_20391752.jpg
 

by cn1398 | 2010-05-01 07:55 | Comments(0)