人気ブログランキング |

<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

2012年10月活動記録

<10月30日(火)>桜の森417  シメジ追跡調査、中山下刈、歩道整備、炭切、草刈り
9時30分~15時
b0129962_1938136.jpg  昨年授業の一環として、学生共々桜の森を訪問された甲南大の○○準教授が今年もというので、その下見に。
それとは関係なく、卒論のためにと言う個人の要請で、甲南大生。偶然、同日訪問になりました。
 卒論に取り上げたO君を駅でトラックで迎え、桜の森までの約20分、こちらから一方的に質問。
彼のニーズに的確に応えてやりたい一心で・・・ 結果は現実とは余りにもかけ離れた認識をしているのが分りました。現在のブームと言ってもよい里山の取り上げ方が、ウワッ滑りのものであるという私の思いが外れてはいないなと感じました。何がこういう状況にさせたのでしょう?
 午前中は約束通り、お二人とも、桜の森マップと道標を頼りに12ヶ所の解説板を読み、その地を見てきてもらうことにしました。
 その間、私はみんなと藤堂先生に付き従いホンシメジの追跡調査です。
b0129962_20283021.jpg
 被せた袋を開きます。
b0129962_20291519.jpg
 これは2本とも全く根が出ていません。
b0129962_20295624.jpg
 克明に記録をとっておられます。
b0129962_2030174.jpg
 根が出ているものはかすかに菌は生きています。ゲート付近の若い木だけです。
b0129962_20473283.jpg
 調査七つ道具です。
b0129962_20493750.jpg
 今年2月に伐採したクヌギ、萌芽枝は出ています。
b0129962_20495373.jpg
 「これだけ悪いとガッカリです」と先生。そうでしょうね、期待しながら、朝2時間、車を走らせて来たんだから。
 しかし、若い木でないと駄目かもとは言えそうですが、クヌギは駄目とは言えません。
台場は駄目な感じ。台場の場合、根は捨てて行く方向の中で、新しく根を出させなければいけないのでは無理があるということのようです。来年、若い木に集中して、再挑戦しましょう。  今日の記録です。(拡大します)
b0129962_2112434.jpg
b0129962_2115964.jpg
↑ 21本のデーターです。




午後、Mさんがひょこっと
「蜂の巣片づけます」とやってきて


一柱梯子に登り、長い竹の先に
鎌を結び

それで巣を削ぎ落としました。






b0129962_21152162.jpg

     5号線に手摺用のロープ張り。3本。
     かたふちルートの手直し。
     炉用炭切。
     ヒサカキ伐採準備。
     微笑みの上の草刈り
       等々実施。

  そして、一昨年伐った中山の残り部分、クヌギの試掘を開始。 期待薄だとか・・
b0129962_2125154.jpg
b0129962_775451.jpg
b0129962_782546.jpg ↑ ここのクヌギも、シャープペン程の太さの笹に取り囲まれて、こうして朽ちて行く台場も続出です。

←自前のイベント用ユニホームが欲しいのですが、このゼッケンで我慢です。
前後の黄色い部分が差込式なので活用範囲も広く経済的だろうと思い・・・
個人名入りです。


  <2012年10月活動状況>
    2日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇見 見見
    7日(日) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇
   16日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 
            緑台小4年 里山体験学習②      
   20日(土) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇 10時30分~15時30分
           北摂里山大学
   23日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇
            牧小3年 環境体験学習③警報発令で今日は中止、椎茸採取
   26日(金) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇
           牧小3年体験学習③ 振替実施

   30日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇客客 客
           ホンシメジ研修

by cn1398 | 2012-10-30 06:59 | Comments(0)  

2012年10月活動記録

<10月26日(金)>桜の森416  牧小3年体験学習③、5号線倒木整
9時30分~14時50分
  今日の天気を1枚の写真で表現すると、このようになります。ダリア園でバックにススキ
 の穂を置いて・・・どうでしょう・・?(画像クリックで拡大します)
b0129962_18244280.jpg
  椎茸狩りを是非したいと言うので、11月の予定を10月に繰り上げ、23日は雨天決行の
 覚悟でしたが、大雨警報が出て、登校停止。今日に延期。 椎茸はなく、椎茸狩りは無し。
b0129962_18251240.jpg
  23日採取に合わせた椎茸は、今日までは持たず、23日に採取。袋にいれて児童に届け
 ました。今日は今西さんから炭焼きと、シイタケ栽培の話を聞くことにしました。約1時間。
b0129962_1828169.jpg
  今西邸から桜の森へ向かっています。
b0129962_18283279.jpg
  途中、シイタケ栽培場で見学。ちょっぴりしか出ていませんでした。
b0129962_18285437.jpg
 23日収穫の椎茸を先生が冷凍していてくれました。菊炭焼です。
b0129962_1829872.jpg
b0129962_18292667.jpg
 子供が、このように椎茸をむさぼるように食べる姿は想像できませんでした。
  「おいしい!」と言う声が飛びます。
「あっ!誰か1個以上食べたやろ。先生の分がない!」等、など




b0129962_18294121.jpg
b0129962_18295442.jpg 桜の森到着順に椎茸の炭火焼き試食。
 炭火で軽く焼いて、ポン酢をつけて食べます。 たしかに、じわっと、味が染み出てきます。
飽食の時代故、この味が子供にも気に入られるのだろうと思いました。
 森の教室に移動、弁当の時間です。

b0129962_18304643.jpg
b0129962_18305967.jpg
  午後は、三つのプログラムに分かれます。「は~い! 赤組、集合~!」
b0129962_18311272.jpg
 クヌギの下草刈りです。おやっ!これは6年生が植えた木の周りでは・・?
b0129962_18312544.jpg
 これは炭焼きの話のグループ。炭切の見学をしています。
b0129962_18314710.jpg
 そして、3年生最後の桜の森。まとめの話。壁新聞を作成するために色々質問しています。
b0129962_18321888.jpg
b0129962_18333592.jpg
b0129962_18335271.jpg子供達主催のお礼のセレモニー
菊炭友の会のメンバーへ
両親へ

そして、菊炭友の会の一人一人にお礼の手紙。
ありがとう!でもね、もう少し、子供っぽい方が嬉しいな。


b0129962_18351659.jpg
b0129962_18365391.jpgドングリから育てたクヌギがどんぐりをつけています。
そして、みんなが来るから
大きなスズメバチの巣があったのをやっつけました。
元の半分に破壊し、殺虫剤をぶっかけました。蜂は居なくなったけど、生きてる幼虫が居ました。
そして!こんな写真が撮れました!
蜂の巣を小鳥がつついています。きっと幼虫をとっているのでしょう。
シジュウカラだと思います。
こんな角度から説明した図鑑はないので、断定はできないけれど、間違いないでしょう。きれいな鳴き声をよく聞かせてくれるけれど、姿を見せたのは初めてです。


b0129962_18371837.jpg

  ルート5を登ると、松林になります。昔、この辺りは松茸の宝庫だったとか。今では枯れ松
 が林立しています。松茸が無くなったのも、松が枯れたのも、里山に人が入らなくなり、落
 ち葉が積もり、松茸に不向きな冨栄養土となってしまったからでしょう。
  この立ち枯れの松、年に最低1度は整理しないと、倒れて、危険な状況にになります。
 今年は何度も台風が接近し、荒れているのは想像できたけれど放置していました。
 来月4日の里山まつりには、登る人もいるでしょうし、6日の牧小4年生の体験学習では
 三角点を見に上がるプログラムも設定してあります。
  今日の参加者は少ないけれど、精鋭がそろっているので、処理部隊5名を派遣しました。b0129962_9495996.jpg


 予想通りです。
三角点に行くには、
この倒木の下を
くぐるわけで、
恐ろし、恐ろし










掛かり木になっているのを順に処理します。




b0129962_9554912.jpg
  そして、チェンソーも、こんな危険な使い方をしなければ片付きません。
b0129962_9534130.jpg
  力も必要です。
b0129962_954962.jpg
b0129962_9542394.jpg


10本ほど処理したようです。

綺麗になりました。
暫くは大丈夫です。

しかし、枯れ松がある
限りは
この整備は続きます。

by cn1398 | 2012-10-26 06:51 | Comments(0)  

2012年10月活動記録

<10月23日(火)>  牧小3年 環境体験学習③
8時40分~9時50分
 雨天決行の諸準備が「川西市大雨警報・児童登校停止」で吹っ飛んでしまいました。
バタバタと関係者に連絡。連絡網設置の必要性を痛感。どなたかよろしくお願いします。
 椎茸の引取り要請に応えて数名を確保。中止を知らずに来た人も含めて9名で椎茸採り。120袋を学校へもって行きました。

 26日(金)に延期です。椎茸絡みのプログラムは無くなり、別のことを考えなければ・・・
そして、最大の問題はスタッフ。全く目処が立っていません。
 指導員なしで出来るプログラムは?

by cn1398 | 2012-10-23 01:51 | Comments(0)  

2012年10月活動記録

<10月20日(土)>桜の森  薪出荷準備、植生調査、北摂里山大学対応
10時30分~16時
  今日は臨時活動日。北摂里山大学の第2回目、最後のプログラム(14時50分から1時
 間)を依頼されて、一人で対応しようと思いましたが、念のため有志に出てもらいました。
  待ち時間に女子2名は定点観測地の調査。男性5名は薪の出荷準備。今日も公民館渡
 しで30束、売上げました。私は23日の椎茸炭火焼の準備。
 
b0129962_1817594.jpg
b0129962_1817174.jpg
 薪の準備をIshさん達は8時から始めたようです。
b0129962_1818340.jpg
  妙見口を9時にスタート「歩き詰めですか?」と聞くと、そうでもなさそう。遅れると覚悟して
 いましたが、予定通り到着。石田先生が終始付き添っておられたようです。
b0129962_1818516.jpg
b0129962_182061.jpg 私の意思で話したのはクヌギに関することだけ。黒川の里山を特徴づけているのは、クヌギ。日本一と言わせているのもクヌギが有るから。
そのクヌギの現状は・・私の心の中の叫びです。笹に埋もれたクヌギと仲林を比較しながら説明しました。

 b0129962_18191672.jpg
後は、ぜんざいを食べながら、受講生の質問に答える形式で・・・時間が来ても質問が続く状況で持ち時間があっという間に過ぎてしまいました。
 途中で、片づけて帰ってもらうよう朝のミーテイングで言ったけれど、そうも行かないようで全員最後まで・・お疲れさまでした。
  

by cn1398 | 2012-10-20 18:06 | Comments(0)  

2012年10月活動記録

<10月16日(火)桜の森415  緑台小学校4年 里山体験学習②
8時30分~15時30分
   緑小4年生 里山体験学習第2回目は児童63名、教師4名+校長、教育委員会2名、
  保護者3名、菊炭友の会17名、総員90名で実施しました。
  朝8時30分、学校の みどりルーム で今日のオリエンテーションから始まりです。
  朝日新聞の記者が朝から密着取材で参加されました。

   オリエンテーションを済ませ桜の森に到着すると丁度、ミーテイング中でした。
b0129962_18251462.jpg
  私は加わらず、気になる蜂の巣を点検に・・近くの 森の教室 受け入れ準備完了です。
b0129962_18253860.jpg
  先日、草叢に大きなシマヘビが潜んでいたので、今日は草も綺麗に刈られています。↑ 
b0129962_18234734.jpg
b0129962_18243142.jpg
 予定時刻通り、到着
↑ 先発隊? パラパラと・・・

そして、しっかりしたグループ
が到着です。

バス停まで迎えに出た
菊炭友の会のスタッフも
しっかり同道しています。

緑小の特徴は
常に、公共交通機関を使って
往復するところです。

黒川バス停から30分の行程を
徒歩往復

学校から平野駅までの急坂を
往復

帰りは心臓破りの登り坂になると思われます。



b0129962_18274136.jpg
 今日、三つのプログラムの一つ、里山の整備。クヌギ実生苗の周りの下草刈。
 道具は、初めて使う鎌です。 隣との間隔も空いています。
b0129962_1828816.jpg
b0129962_18283645.jpg
  これは炭切見学。薪の生産と並んで里山の重要な役割の炭焼きの話を聞いた後、
 「出てくる時は炭になってるよ」と脅かされながら炭窯の中にも入って来ました。
b0129962_18285184.jpg
b0129962_1829572.jpg
  こちらはヒサカキの除伐。緑のダムの機能を回復し、生物多様性豊か森をつくるには、
 木を切ることも必要なんだと学んでいます。
b0129962_1831334.jpg
  真剣かつ、興味深々。ヒサカキを伐る時には「ごめんね」と言おうねとも教わりました。
b0129962_18313727.jpg
 倒した木は枝を払い、1mに玉切します。この木は炭になります。
b0129962_18314574.jpg
 初めての作業に心ときめかせ、歓声を上げ、楽しい弁当の時間も過ごし、満足げに帰って
 行きます。  私は この子たちが平野駅を降りて、学校までの急坂を「なんだ坂、こんな坂」
 と登って行く姿を想像し、心の中で「頑張れよ」と声をかけました。
b0129962_20411966.jpg

b0129962_18343165.jpg
b0129962_18344452.jpg 毎年、この頃になると、ナメコがでます。 今日もヒラタケが少しとナメコが出始めました。
細やかな、しかし、大きな喜びです。

 今年第1号の薪ストーブ用の納品です。この売り上げが森の整備の原資になります。

by cn1398 | 2012-10-16 06:43 | Comments(0)  

2012年10月活動記録

<10月7日(日)>桜の森414  薪炭調整、仲林仕上げ、遊歩道整備、体験学習準備
9時30分~15時
   現役で仕事をしている人は、日曜会員として、月1回しか参加出来ない人が殆どです。
 だからと言うわけでもないけれど・・。何か心の琴線に触れるようなことが有ればな~ と
 常々思っています。忙しいなかを出てきてくれるのですから。
 例えば、こんなことも刺激があっていいでしょう。スズメバチの大きな巣です。朝一番に偵
 察してもらいました。ズームを最大にして撮った映像では、一番怖いオオスズメバチではな
 さそうなので、少しは気が楽になりました。危険なことにかわりはないけど・・
  9日の夕方に処理してもらうことに決めました。費用はあちこちに相談してみます。
b0129962_1812835.jpg
b0129962_18123369.jpg
 蜂の巣じゃ、琴線をかすりもしませんか・・だったらこれならどうでしょう。
b0129962_181398.jpg
 全員が大喜び、ヒラタケ今年も出ました。豊作です。
b0129962_18132175.jpg
b0129962_18133694.jpg
  早速、昼の味噌汁に入れて・・・、Nbesさん差し入れの丹波栗。両方、食べて、お土産にも
 なって良かった良かった。
b0129962_18134850.jpg
  炭の工芸品を作っています。里山まつりで販売すると言っています。売値は千円以上・・・
v値打ちが分る人がどの程度いるでしょう。    ここまでは作業以外のこと、作業はこの後
b0129962_18142661.jpg
  まず、薪。  ストーブ用薪の納品準備を始めました。
b0129962_18152411.jpg
  そして、炭。  炉用炭の準備が急ピッチです。
b0129962_18154097.jpg
  仲林の下草刈りの仕上げです。気持ちいいですね。クヌギ林はこれでないといけません。
b0129962_18162198.jpg
  かたふちルートの手直しをしています。児童の立場から・・・
b0129962_18165619.jpg
  こちらは、欠けていた道標を作製しています。
b0129962_18241792.jpg
b0129962_18174491.jpg
b0129962_2024665.jpg
↑ 自分が文字書きした道標の設置のため、道具類を自分の手で運ぶHraさん。
今日は、彼女とMuraさんの二人だけでした。日曜会員は。

作った道標は、一番下の
「ルート4と微笑み桜」を表示するものです。

文字書きだけでなく
道標設置の一仕事を体験して貰いました。




4号線沿いでSkamさんとNbesさんがヒサカキ除伐体験の準備をしていました。

b0129962_20171469.jpg
  人形みたいなキノコ。私の琴線に触れました。
b0129962_2017383.jpg

by cn1398 | 2012-10-06 22:28 | Comments(0)  

2012年10月活動記録

<10月2日(火)>桜の森413  体験学習準備、中林下草刈、炭切 
9時30分~15時
 茶道界では、11月1日に風炉から炉に変わります。炉用炭切を始めました。炭が充分ではないのが不安です。これ以上、口コミで広がらないよう願うばかりです。昨年から新しいお客様はお断りしている状況です。良い炭を焼くにはそれなりのクヌギが必要です。今シーズン炭焼用原木の目処がついていないのが現在の私の最大の悩みです。
b0129962_19581214.jpg
  黒川の良いクヌギを継承するためには伐採後3年間の手入れが欠かせません。
 森の整備とクヌギ伐採後の手入れを満足に実行するには、それなりの戦力、そして資金も
 必要です。今年は広がった整備地の草刈りに追われ昨年伐採した仲林の下草刈り、漸く、
 今日出来ました。 仲林オーナー夫妻が空地に植樹されたクヌギ苗が大変心配でしたが、
 何とかセーフ。 下刈前です↓ 印の竹杭は見えるけれど、クヌギは見えません。
b0129962_20505086.jpg
 刈り払機7人、鎌・鋏6人の陣容です。
b0129962_20533615.jpg
b0129962_2114183.jpg

 実はこの中に、11月開始の若者向け川西市さとやま整備体験会の事務局4名が実習のため参加されています。
机上の企画だけでは・・との考えのようです。




b0129962_2134732.jpg

鎌など使ったことがない人たちが頑張っています。




後先になりますが、朝礼での紹介です。

b0129962_2142833.jpg
  スッキリしました。
b0129962_2112076.jpg
  体験学習の準備に行ったメンバーが大変なものを見つけました。人が沢山行く微笑み桜
 の右手前、スズメバチの大きな巣です。
b0129962_2117826.jpg
b0129962_2120090.jpg

15m以上はあると思える樹上にデカイ! 巣。

大抵のことには挑戦してきましたが、この高さではね~


今日14時から公民館で
里山まつりの実行委員会があり
その席で、安全対策の一環で
検討して貰うべく話は付けましたが どうなるか・・

道標設置など
訪問客の受け入れ態勢を強化した一方でとんでもないことです。







さとやま整備体験の打合せ中。


b0129962_21301146.jpg

by cn1398 | 2012-10-01 23:10 | Comments(0)