人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

2013年2月活動記録

<2月1日(金)>桜の森  第2回炭焼① くぬぎ山・三叉路整理
8時30分~18時30分
b0129962_23221638.jpg











b0129962_21303530.jpg


第1回炭焼は全てヒサカキ。
大事なクドサシで、クヌギでないという理屈をつけて横着。
予想の範囲内で生焼け部分もある炭が出てきました。
量は、こんなものでしょう。


クヌギと比べて軽い。テストしてみました。↓ 生焼け部分は木のような燃え方。そうでないものは立派な炭。でもクヌギに比べると火持ちが悪い。バーベキュー用を想定して居ましたが、狙い通り。充分使えます。
b0129962_21305517.jpg
  第2回からは本命のクヌギの炭、菊炭。
 この回の担当はKwatさんをチーフにKtoさん、Mtuuさん。明るいうちに帰宅出来るように
 するには、11時に点火出来るよう、木を入れ終わること。時間との競争です。
   11時の焚き口、目標達成!
b0129962_21312656.jpg
b0129962_21315721.jpg
 うまく撮れていませんが、ヌカ火が出ています。14時40分
このヌカ火は第1回目のより、大人しく抑え込むことが出来る程度でした。・・・が後学のためにと言うので予防をせず、成り行きのまま・・

それにしても、点火後3時間40分でのヌカ火は・・遅い!
出るなら2時間後位の焚き方をした方が良い。
聞くとそろそろと焚いて居たようで・・
最初は勢いよく焚いて問題なしです。


b0129962_21324041.jpg














 17時30分煙道口温度82℃の時の煙です。










 そして、焚き口。

b0129962_2133799.jpg

 午前中、5人がくぬぎ山で玉切済の木を降ろしてくれました。運搬車で3往復。
b0129962_21334220.jpg
b0129962_21342823.jpg
 椎茸のホダ木にするのは駐車場に残し、炭焼き用を桜の森へ運びました。トラック満載1回でOKでした。




 午後は15名で、三叉路の整理です。
台場クヌギも6本ほど、残っています。

b0129962_2134438.jpg
  台場の上に上がって・・・
b0129962_213538.jpg
b0129962_21354054.jpgb0129962_2136131.jpg


前と後










  結果は今朝の木入れ前と同じ、3窯分の木が窯前に揃いました。
b0129962_21364012.jpg

  17時40分の窯の前後の煙です。ライトアップ付きです。
b0129962_2137830.jpg
  18時、メンヌリ準備として火の調整をしています。
b0129962_21393632.jpg
b0129962_21404315.jpg

 メンヌリ初体験のKtoさん、
Mtuuさんの良きサポートも受け、
落ち着いて上手に出来ました。


メンヌリ完了18時20分。煙道口温度86℃。






b0129962_21412590.jpg
b0129962_21424682.jpg





 鳴門金時の焼芋です。







b0129962_21425287.jpg

窯焚きで出る熾きを集めたドラム缶で焼きます。

これが有るから、空腹を感じず頑張れます。

by cn1398 | 2013-01-31 21:34 | Comments(0)  

2013年1月活動記録

<1月29日(火)>桜の森  炭原木搬入
9時30分~15時30分
  今日の参加は19名。桜の森に3名、くぬぎ山に11名。くぬぎ山から運搬車での搬出に
 3名、軽トラで桜の森に搬入2名という布陣でした。
  くぬぎ山から桜の森へ、中継もスムーズに6往復。15時前の窯の前、3窯分のクヌギが
 揃いました。そして、くぬぎ山には未だ今日搬出した量に近いクヌギが有ると言います。
b0129962_18121921.jpg
b0129962_1813159.jpg それだけ有れば充分。「有って
3窯・・」という、これまでの情報で気を揉んでいましたが・・山で見る量は少なく見えるのでしょう。
 今日の分担表、メールで送ったものが間違っていて、混乱。そして、帰り際に窯前の写真を撮るために、リュックを横に置いて、そのまま帰宅。家に着いて、荷台には3個のポリタンクだけ、桜の森に取りに帰りました。忘れた場所を思い出すだけ、まだマシ!?
b0129962_1814693.jpg

「9時30分までに到着させる」と言った運搬車。
その他の道具類も積み、間に合いました。



くぬぎ山からの第1便、無理をせず、適量です。

b0129962_18142980.jpg
  くぬぎ山の駐車場で、軽トラックに積み替え
b0129962_18144339.jpg
  桜の森の窯前へ。  桜の森では3名が、立木の細いのや上木を束ねる作業。
 Ksaさんは主力がくぬぎ山に居るからと、昼の味噌汁と、おやつのケーキを出前。
b0129962_18145736.jpg
 くぬぎ山では、当会の小型キャタピラ車が大型運搬車に積み易い所へクヌギを移動
b0129962_18152940.jpg
b0129962_18175497.jpg クヌギの搬出班以外は、さらに残ったクヌギの伐採作業を続けています。



新入会員のOnoさん。
作業に戸惑いはないようですが、この急斜面には手こずっている・・?




b0129962_18184100.jpg





こちらは、Skamさん。


小型チェンソーで枝払い。



b0129962_18194188.jpg次回活動日は、3月1日。
第1回、ヒサカキの炭出し
←炭の置き場はここ
朝一に片づけましょう。
そして、本命のクヌギ、
第1回炭焼きです。
窯焚き担当以外は、午後、くぬぎ山に回ります。                       →三叉路整理に変更します。
 
       朝は、全員、8時30分、桜の森集合です。


   2013年 1月の活動状況 
    6日(日) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇
           〇〇〇 〇〇〇 〇〇☆ ☆   山開き 
   15日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇  
   19日(土) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇     川西市さとやま整備体験会③
   22日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇   炭窯 床更新         
   23日(水) 〇〇〇 〇〇   火入れ
   24日(木) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇
           炭焼① 全員桜の森集合
   25日(金) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇師
   26日(土) 〇〇〇 〇〇〇  10時集合
   29日(火) 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇

by cn1398 | 2013-01-28 21:11 | Comments(0)  

2013年1月活動記録

<1月26日(土)>桜の森  第1回炭焼き③
10時~17時
  第1回炭焼のクドサシの日。24日に入会されたOnoさんを含め6名の参加。
 朝10時、煙道口温度256℃。その時の煙道口の煙。
b0129962_18472899.jpg
b0129962_21321338.jpg


 温度上昇を待つ間、窯密封用の土の補充作業をしています。





b0129962_20472098.jpg
 13時30分の煙、青色になってきました。この時、煙道口温度274℃。
b0129962_2044179.jpg
  16時の煙。この後、16時10分、277℃。16時11分288℃、さらに300℃まで、駆け
 上がりました。
b0129962_2052811.jpg
b0129962_2155937.jpg 秘密はこれ、空気調整石を全部外しました。クヌギでは絶対やってはいけない見本。ヒサカキはクヌギと違い樹皮が無いようなもの。クヌギだと、ガサガサになり、樹皮が剥がれてしまいます。
 ただ、これも窯の温度が上がったというより、空気の流入量が多くなったので、中の熱い空気が外に押し出されたために過ぎません。

  明るいうちに帰宅したいが為、300℃は越したというアリバイが欲しいために取った姑息
 な手段です。これが通いで炭焼きをする限界なんでしょうか。b0129962_21353618.jpg


燃焼を止める為に窯を密封します。

焚き口の前に土を積み上げます。



その土を抑えるための丸太を支える棒を取り付けています。
これが甘く、昨年は崩れたことが有るので、要注意です。

b0129962_21363562.jpg
b0129962_21455761.jpg


クドサシ完了です。
この炭は2月1日に窯出しします。
そして、次からは本命のクヌギの炭、菊炭焼きです。


次回29日はくぬぎ山から桜の森への搬入作業です。

by cn1398 | 2013-01-26 08:55 | Comments(0)  

2013年1月活動記録

<1月25日(金)>桜の森  第1回炭焼き②、ホンシメジ植菌
9時30分~15時
   朝、9時20分、元気良く煙が立ち登っています。7時に、Hgiさんが国道からチェック、
  報せてくれたので、ゆったりした気持ちで出てこれました。
b0129962_17361439.jpg
b0129962_17371251.jpg

 煙道口温度112℃。
 問題なしです。







b0129962_17374243.jpg

 一部、粘土だけで埋めた穴も
大丈夫でした。



今日の参加者10名。
炭焼担当は3名ですが、
ホンシメジのリベンジのため7名が参加しました。
焚き木を囲んで、最初のレクチャーです。
20本植菌することになりました。

b0129962_17383660.jpg
  前回、半分は台場に植菌しましたが、全て根が出ていなかったので、今回は台場を避け
 根を張るのに一生懸命の若木10本選びました。
b0129962_17391620.jpg
  直径1cm前後の根を探しています
b0129962_17393347.jpg
  植菌しています。袋に水が入らないように・・と言うのがポイントだそうです。
b0129962_17401463.jpg
  7年生と5年生を中心に20本の植菌が終わりました。
b0129962_17403875.jpg
b0129962_17445195.jpg

作業の合間に煙道口の温度を測定

10時30分、121℃
空気調整石最大の「C]を入れました。
11時30分、135℃順調です。



b0129962_17453312.jpg




12時30分、145℃時点で
2個目の調整石「B]を入れました。





b0129962_17464149.jpg


 帰宅直前、14時30分、166℃







b0129962_17471843.jpg






 3個目の調整石「A」を入れ、
これでクドサシまで行きます。



b0129962_1750516.jpg

 

Tmyさんがナメコと大きなヒラタケを見つけました。
この二つ、結構長く楽しませてくれますね。




昼は、それを入れた味噌汁を用意してくれました。
b0129962_17505556.jpg
  炭焼き担当以外の人も最後まで付き合ってくれました。薪割をしながら・・・
b0129962_17524079.jpg
  炭焼き用の焚き木作りをしながら・・・
b0129962_17525945.jpg
  掃除をしながら・・・
b0129962_17531518.jpg
b0129962_17541018.jpg

 帰宅時の煙道口の煙です。
口際の煙が心なしか透明感が出てきたように見えます。

明日のクドサシ
何時頃になるか

予想!? お昼頃・・・かな?
だといいけれど・・

by cn1398 | 2013-01-25 16:26 | Comments(0)  

2013年1月活動記録

<1月24日(木)>桜の森  第1回炭焼き①
9時30分~18時
  今シーズン最初の炭焼き、20名参加。午前中は全員でヒサカキを窯に入れ、午後は3名
 を残し、15名は三叉路のクヌギ伐採に向かいました。2名が行ったり来たりでした。

  気になって、朝一番に焚き口の煉瓦を外し、中を覗き込んで見ました。やはり、火が残っ
 ています。白い灰の部分も木で引っ掻くと炭火が出てきます。入れた炭の量が多すぎまし
 た。太いのが多かったこともあります。今年も又、熱くてすぐには木を入れられません。
  「9時50分、煙道口温度125℃」と報告あり、これだと、窯の中は400℃はある、とても
 中に入れたものではありません
b0129962_20353943.jpg
  10時40分、煙道口温度60℃まで下がり、木入れ開始。中は、おそらく100℃前後、姿
 勢を低くしていないと、天井部分は猛烈な熱さ。交替しながら急ピッチで木を入れます。
 木を入れれば、湯の中に水を入れるのと同じで温度は下がって行きます。
b0129962_2036468.jpg
  窯の温度が高いと窯焚きは楽です。11時50分に点火、スムーズに燃えました。13時
 半、ヌカ火が10分間くらい出、この写真は落ち着いた後の焚き口の様子です。
b0129962_2138613.jpg
  三叉路の背丈3m以上の笹薮の中から台場が出てきまます。19日にさとやま整備体験
 の若者が取り掛かった藪をさらに上えと拓いて行くと、新たに台場が出てきました。
b0129962_2040243.jpg
  クヌギに群がっていた蔓。これが木を傷つけ、山を荒らし、山の整備の邪魔になります。
b0129962_2041275.jpg
  16時50分の煙です。
b0129962_20513142.jpg
  16時50分の焚き口の様子。煙道口温度81℃。もう一息・・。
b0129962_2052154.jpg
b0129962_20532136.jpg
b0129962_20535429.jpg
17時20分、勢いよく焚いています。




温度も急激に上がって91℃。


17時25分メンヌリ開始。煉瓦の準備不足で少し手間取りました。

b0129962_20544660.jpg
  最上段、煉瓦の幅が合わず、悩まされました。何か考えないと・・。
b0129962_2055342.jpg

by cn1398 | 2013-01-24 20:56 | Comments(0)  

2013年1月活動記録

<1月23日(水)>桜の森  炭窯火入れ
9時30分~14時
b0129962_1544137.jpg
 今日の作業は5名で・・。

途中、ホームセンターに立ち寄り、貰って来た使用済みの段ボールを窯に敷き

杉の枯葉
コナらのデカイ炭や屑炭
昨年の残りの上木
を入れて窯温めの準備完了。↓



b0129962_15442339.jpg
  最初の火入れだから、ワンカップで安全祈願
b0129962_15445190.jpg
b0129962_1545188.jpg

10時30分点火。
1時間を経過
大丈夫だろと判断、煉瓦を積みました。

11時50分の焚口と煙突の煙。
炭焼と違って、中のものを全て灰にしたいので、煙道口に煙突を立てました。



b0129962_15452793.jpg
 14時の煙。まあ、順調なんだろうと思います。
b0129962_15462961.jpg
 合間に上木の調整などをし、周りも綺麗に片付きました。今日はこれで引上げ。
b0129962_15472738.jpg
 明日は、炭焼班と三叉路のクヌギ13本伐採班に分かれて作業です。

by cn1398 | 2013-01-23 06:11 | Comments(0)  

2013年1月活動記録

<1月22日(火)>桜の森425  炭窯床更新、炭焼き準備、薪整理
9時30分~14時40分
b0129962_16372927.jpg 炭窯の床を更新したのは2009年1月29日。長老には「毎年やるもんじゃ」と言われ、別の人に聞けば「そこまでやる必要ない」と言われ、安易な方に流れてしまい、あれから、4年。 幾らなんでも今年こそはと、雨が降っても作業できるよう、粘土は19日に準備しておきました。
 削岩機はMyaさん提供。5cmほど掘り返します。総員13名での作業です。
b0129962_16375096.jpg
b0129962_1639158.jpg
b0129962_16393041.jpg
 準備しておいた粘土から、木の根など不純物を取り除き、窯の中へ。中には4人。
b0129962_16395873.jpg
b0129962_1640131.jpg
 準備したのでは、とても間に合いそうにないというので、追加で掘っています。
b0129962_16421282.jpg
b0129962_16433254.jpg
 床に敷き詰め
b0129962_164446.jpg
 突いて、固めて行きます。窪地が出来ないように・・・これが結構難しい
b0129962_16443811.jpg
 水は焚き口方向へ流れるよう傾斜をつけて・・
b0129962_16445714.jpg
 窯の中で、突き固めの作業が続いている間、外では立木や上木の準備
b0129962_16454915.jpg
b0129962_16484488.jpg



片方では、3名が薪の束ね作業をしています。




この表は、Ishiさんが記録しているものです。
乾燥の状況を重量で測定しています。
今年3月に束ねた時、10.3kg
9ヶ月後には6.9kg
3.4kgも減少しています。






b0129962_1649768.jpg
b0129962_16491718.jpg ←薪ストーブの煙突の煤です。
小屋から外に出、直角に曲がる部分です。大して使わないですが、これは毎シーズン掃除をしないと駄目ですね。


交替しながら、延々と、突き続けて、漸く完成しました。↓ 明日、屑炭と枯れ木を入れて、窯を温め、24日、ヒサカキを入れて、今シーズンの炭焼き開始です。
b0129962_16495972.jpg

by cn1398 | 2013-01-21 21:48 | Comments(0)  

2013年1月活動記録

<1月19日(土)>桜の森424  川西市さとやま整備体験会③
9時30分~15時40分
 川西市主催の若者の為のさとやま整備体験会。前回が雨で中止になり、今回が2回目ですが、プログラムは3回目、当初の予定通り、笹刈りと炭原木の伐採を実施しました。

 今日の作業は、次回の体験会で焼くクヌギを調達するのが目的ですが、そのクヌギが背丈3mを超える笹の中に埋まって居るために、先ず、笹刈りをしなければなりません。この笹刈り作業が里山放置林整備の第1歩と同じで、一石二鳥を狙いました。

 作業に先立って、簡単なレジメを用意、解説をしました。
b0129962_2032661.jpg

  安全を考え、鋸での笹刈りです。
 
b0129962_1811342.jpg
b0129962_18114387.jpg
b0129962_1812973.jpg
b0129962_18122683.jpg
  ようやく、クヌギが現れました。台場です。しかし、この辺りには僅かしかありません。
b0129962_18123513.jpg
  屋外での昼食ですが、作業で身体が温まっていて、ノープロブレムです。
b0129962_18152142.jpg
b0129962_18203581.jpg
  Adatiさんの豚汁が大好評。ご馳走様でした。
b0129962_1816112.jpg
  午後はクヌギの伐採です。獣害防止柵を痛めないようにロープでコントロールします。
b0129962_18214391.jpg
b0129962_18215695.jpg
b0129962_18225295.jpg 

 短い時間に2本を倒し、枝払い、玉切を済ませ、トラック1杯分の炭原木が調達出来ました。


 作業終了後、道具の手入れを済ませ、全員整列「ありがとうございました」と挨拶、交流会場へ移動して行きました。
b0129962_18235379.jpg
b0129962_18272430.jpg
 午後は、Myamさんと私の二人で、体験会の対応をし、他のメンバーには炭窯の床更新のための粘土の採集をしてもらいました。
これで来週、雨が降っても予定通り作業が出来ます。

by cn1398 | 2013-01-18 18:10 | Comments(0)  

2013年1月活動記録

<1月15日(火)>桜の森423  くぬぎ山7
9時30分~15時30分
  くぬぎ山に6名。雪が有るとは知らず、辛い思いをさせました。手袋もグショグショになった
 そうで、手もかじかんだと思います。こういう状況の時は山仕事は中止ですが・・。
b0129962_1748963.jpg
b0129962_17483847.jpg
b0129962_17492378.jpg
 6名は時間一杯活動、倒しておいたクヌギ、全ての玉切を終えました。脱帽!です。
b0129962_17495343.jpg
b0129962_1750669.jpg
  一方、桜の森に10名。薪の責任者Ishiさん、膝を痛めて暫く活動停止。Mbuさんと、皆勤
 目標宣言のYshiさんに代役をお願い。二人が手の内に入れるべく整理をしています。
  私たちの歳になれば、本人だけでは無く、配偶者、親兄弟、周りの誰かに異常が出て、
 活動が思うように出来ない事態に追い込まれることが屡、発生します。そういう時にも、
 気を強く持ちましょう。そうでないと、ガタガタッ!と来てしまいます。経験者語るです。
b0129962_1752090.jpg
  こちらは、炭の整理です。昨年は点炭が無くなり、セットが組めなくなり、全体として出荷
 が細りました。その分、在庫が多くなっています。今年は、細い木を大事に、多く焼きたいと
 思っています。
b0129962_1752194.jpg
b0129962_1753862.jpg
  公民館裏の台場から集めた炭材です。期待に届かず、一窯分にはなりません。
 くぬぎ山と合わせて3窯にも満たない。ピンチです。最低でも、クヌギだけで4窯ないと・・・
b0129962_17532254.jpg
b0129962_17535247.jpg
  トイレ用地で倒したコナラの大木処理です。
b0129962_17543154.jpg
b0129962_1755292.jpg
  薪材としての処理。
b0129962_17553517.jpg
b0129962_17555960.jpg
 枝は上木にします。







 大木だから、上木も沢山採れます。

b0129962_17562223.jpg
b0129962_1756412.jpg
b0129962_17572343.jpg


 椎茸のホダ木用








b0129962_17575969.jpg

100本準備したかったですが、80本になりました。

by cn1398 | 2013-01-15 17:17 | Comments(0)  

2013年1月活動記録

<1月6日(日)>桜の森  山開き
10時~14時30分
b0129962_184722100.jpg
b0129962_18475861.jpg  平成25年の山開き、天気に恵まれました。気温は低くても風がないのが救いです。
 32名の仲間が集まりました。
例年通り、安全祈願の後、懇親会です。
 平成18年に黒川自治会と整備・保全協定を結んだ時の会長、北野さんが今日も出席して頂きました。「当時は全く期待していなかった。それがここまでやってもらえるとは・・思っても居なかった」と。
「ここまで出来るとは思っても居なかった」と私。

b0129962_18481542.jpg
b0129962_18492717.jpg
 北野さんの発声で乾杯です。
b0129962_18492855.jpg
b0129962_1850296.jpg
 炭火や焚火を囲み談笑です。
b0129962_18505067.jpg
 料理の数々ありがとう。準備が大変だったと思います。
b0129962_18511842.jpg
b0129962_18514689.jpg
b0129962_18515636.jpg
b0129962_19531779.jpg

 去年に引き続き、畑中さんが鮎のプレゼント。鳥取の千代川と福井の九頭竜川で友釣りの釣果だそうです。
 炭火で焼いたのが抜群に旨い!

 消防の出初式を終えて、ご本人も駆けつけて頂きました。
 消防の制服が何とも恰好いいですね。





b0129962_19535071.jpg
b0129962_19542972.jpg

  Ishiさん、久し振りの木曽節
 みんなも傾聴しています。








b0129962_19543714.jpg
b0129962_206495.jpg
 話が後になったけれど、現地での料理も色々
b0129962_2063430.jpg
 鮎には入念に塩を
b0129962_207116.jpg
 これぞ、山の醍醐味!
b0129962_207216.jpg

by cn1398 | 2013-01-06 06:20 | Comments(0)